ゼロエックス(0x)

ゼロエックス(0x)

ゼロエックス(0x)の基本情報

名称 ゼロエックス(0x)
単位 ZRX
公開日 2017/08/11
発行上限枚数 1,000,000,000ZRX
業界 確認中
公式サイト ゼロエックス(0x)の公式サイト
ホワイトペーパー ゼロエックス(0x)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) 確認中
国内取引所 確認中
海外取引所 バイナンス(Binance),フオビ(Huobi),ポロニエックス(Poloniex),アップビット(UPbit),
イーフィネックス(Ethfinex),ビットフィネックス(Bitfinex),ビットレックス(Bittrex),ヒットビーティーシー(Hitbtc),
リクイ(Liqui),コイネックス(Koinex),リーダーリレー(Radar Relay),オーケーイーエックス(OKEx),
メルカトックス(MERCATOX),ゲート.アイオー(Gate.io),イーサデルタ(EtherDelta),ライブコイン(Livecoin),他

ゼロエックス(0x)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ゼロエックス(0x)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ゼロエックス(0x)とは?

皆さんはイーサリアム(Ethereum)という仮想通貨を知っていますか?
恐らく仮想通貨に足を踏み入れている人がビットコイン(Bitcoin)の次に調べる仮想通貨の1つがこのイーサリアム(Ethereum)だと思います。
イーサリアム(Ethereum)は複雑で専門知識が必要なブロックチェーンの新規開発を容易にすることに成功し、イーサリアムのプラットフォームを利用してエンジニアであれば誰もがブロックチェーンを作り、そこに仮想通貨を発行することができるようにしました。
よく目にするERC20トークンと言われているのがこのイーサリアムの仕組みを利用して作られたブロックチェーンであり、仮想通貨です。

イーサリアムの作り出したこのプラットフォームはブロックチェーンと仮想通貨の発展を加速させました。
しかし、その反面で沢山の仮想通貨が世の中に溢れかえりました。
世界中の取引所に上場していない仮想通貨を含めたらそれはもう数えることは不可能かもしれません。

その、無数に存在するERC20トークン同士をより効率的に取引することができるようにしたのが、このゼロエックス(0x)が提供する仕組みです。

このゼロエックス(0x)は分散型取引所(DEX)という非中央集権的な取引所を形成しており、そこでERC20トークン同士の交換を行うようなイメージです。

分散型取引所(DEX)によるERC20トークンをストレスなく交換できる仕組み

このゼロエックス(0x)を利用したERC20トークンの交換は決済のときにブロックチェーンへの書き込みを行いますが、注文の際はブロックチェーンにその情報を書き込みません。
これにより、ブロックチェーンへの負担を減らせ、手数料も削減することが可能になります。
ブロックチェーンへの負担が大きいと、ビットコインのようにスケーラビリティの問題を常に抱え続け、結果ハードフォークを行ってブロックチェーンが分裂して新たな仮想通貨が誕生するということも起こる可能性が高まりますが、予めスケーラビリティの問題も考慮した設計となっています。

また、ゼロエックス(0x)はイーサリアム(Ethereum)のプラットフォームにて分散型ネットワーク上に構築されているので、サーバーダウンなどのリスクも防止しています。

そして、ゼロエックス(0x)での取引を中継するリレーヤーと呼ばれる人には誰でもなることが可能です。
リレーヤーは提供されている標準的なAPIを利用することで簡単に流動性プールを集約することができるので、流動性を確保することができます。
また、オープンソースで提供されているため、誰でも無料でゼロエックス(0x)を使用することができます。
無料でカウンターパーティーと直接取引を行うか、リレーヤーにゼロエックス(0x)が提供しているZRXを少しだけ支払って流動性プールにアクセスすることが可能になっています。

ゼロエックス(0x)は交換機能を必要とするDAppのためのビルディングブロック

ゼロエックス(0x)の特徴は他にも存在します。
分散化されたガバナンス、予測市場としてのプラットフォーム、安定したトークン、分散化ローン、ファンドマネジメントという5つがその特徴です。

すでにWebアプリケーションなどでゼロエックス(0x)が提供しているこのような特徴を活用しているという話も聞いていおり、今後が期待できます。

分散化されたガバナンスとは??

ゼロエックス(0x)は、分散化された組織がシームレスに安全な方法でスタートアップ資本の所有者を交換できるようにします。
所有者を明確にして正しく導くためにトークンを使用する仕組みです。

予測市場としてのプラットフォームとは??

ゼロエックス(0x)は、現実世界で起こった出来事の成果に財政的に係るトークンを生成します。
そして、生成されたトークンがERC20トークンであればすぐに交換が可能なのです。

安定したトークンとは??

ゼロエックス(0x)は安定したトークンになるためには効率的で流動的な市場が必要だという考えのもと、トークンが安定したままの状態を維持できるようにする基本的な経済メカニズムを推進しています。

分散ローン

ゼロエックス(0x)は、融資によって獲得した金融資産を気軽に売ることのできる流動性を確保した市場が必要だと考えており、全ての資産の市場価格を効率的に決定することを可能にします。
これによって、気軽に融資によって得た資金を分散させたとしても、流動性が確保できている市場でいつでも適正な価格で取引を行うことが可能となります。

ファンドマネジメント

ゼロエックス(0x)をファンド管理のスマートコントラクトに導入することで、ファンドマネージャーが合意する前位に投資することを制限できるようになります。

ERC20トークンの垣根をなくし、全てをまとめることがゼロエックス(0x)の役目

ゼロエックス(0x)によって、イーサリアム上で発行されたERC20トークンを緩やかにつなげることができるようになります。
これにより、ゼロエックス(0x)が提供している分散型取引所(DEX)の仕組みは、イーサリアムのブロックチェーン上で使用することができ、これにより流動性を高めたり市場の健全性を高めたりすることが期待できます。

ゼロエックス(0x)の歴史

2017年8月11日 ゼロエックス(0x)が公開

ゼロエックス(0x)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ゼロエックス(0x)を購入可能な取引所

残念ながら現状国内で取り扱っている取引所は確認できていません。

海外ではバイナンス(Binance),フオビ(Huobi),ポロニエックス(Poloniex),アップビット(UPbit),イーフィネックス(Ethfinex),ビットフィネックス(Bitfinex),ビットレックス(Bittrex),ヒットビーティーシー(Hitbtc),リクイ(Liqui),コイネックス(Koinex),リーダーリレー(Radar Relay),オーケーイーエックス(OKEx),メルカトックス(MERCATOX),ゲート.アイオー(Gate.io),イーサデルタ(EtherDelta),ライブコイン(Livecoin)などが取り扱っており取引可能です。

ゼロエックス(0x)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ゼロエックス(0x)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook