アーク(Ark)

アーク(Ark)

アーク(Ark)の基本情報

名称 アーク(Ark)
単位 ARK
公開日 2016/10/15
発行上限枚数 125,000,000ARK
業界 確認中
公式サイト アーク(Ark)の公式サイト
ホワイトペーパー アーク(Ark)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Delegated Proof of Stake
国内取引所 確認中
海外取引所 バイナンス(Binance),アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),ビットジー(Bit-Z),
ライトビット.イーユー(Litebit.eu),クリプトピア(Cryptopia),コス(COSS),オーケーイーエックス(OKEx),
ライブコイン(Livecoin),Abucoins,他

アーク(Ark)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

アーク(Ark)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

アーク(Ark)とは?

アーク(Ark)以上に初期設計を考え込まれた仮想通貨はそこまで多くないです。
アーク(Ark)が目指す形は、仮想通貨全体の市場が拡大していき、今の株式市場のように数え切れないほどの仮想通貨が世の中に浸透している状態だと思います。
そして、その世界でアーク(Ark)は最も使いやすい仮想通貨として存在するのです。
そのために、アーク(Ark)は自身が仮想通貨のブリッジ的な存在で位置するように設計されています。
そして、その設計はスケーラビリティの問題を予め克服した形で、51%攻撃にも耐えることが可能で、誰か1人が独占的に支配することがないような仕組みを兼ね備えています。
また、スケーラビリティの問題の中で最も騒がれている送金遅延のに関しても、アーク(Ark)はブロック生成間隔が8秒という脅威のスピードで設計されているため、送金速度も高速で遅延のリスクもかなり低い状態です。
ビットコイン(Bitcoin)が10分であることを考えると、この高速性能が見て取れます。

アーク(Ark)はユーザー目線で作られた使いやすさを極めた仮想通貨

アーク(Ark)のプロジェクトは世界中の国から有志がビジョンに共感して集まっており、そのコミュニティの団結力はとても強いものとなっています。
そこでは、アーク(Ark)のプロジェクトが掲げたビジョンに共感を持ち、その世界観を実現するために集まったプロフェッショナルしかいません。
アーク(Ark)のプロジェクトはユーザーの目線で最も使いやすい状態を目指して開発が進められています。
その為、ただブロックチェーンの技術を元に仮想通貨を開発するのではなく、クレジットカードやキャッシュカードにも似た物理的なカードシステムを実現しようとしています。
オフ・チェーン・トランザクションを管理するためのツールもそこには含まれており、このシステムを使えば銀行口座を持たない人でも身分証明書の役割を備えた状態で銀行で行うような取引が可能となります。

その他にも、ユーザーがほしいと思う機能を常に調査して、ツールのみの提供ではなくサービスそのものの開発を行い提供していくという方針のもと、24時間体制で開発ができる状態を作り上げています。

アーク(Ark)が実現する超高速トランザクション生成

アーク(Ark)は他の仮想通貨と比較してもとても速い速度でのトランザクション生成が可能です。
ブロックの生成間隔も8秒と超高速であり、その中で一度に書き込めるトランザクションの量も豊富にあります。
また、未来でいま現状想定もしていなかった事が起こり、送金の速度が低下する自体になったとしても、SmartBridgeと言うものを使用して不要な機能を取り除くことができるようにしています。
これによりスケーリングを容易にするできるので、送金遅延が発生する可能性は極端に低くなります。

さらに、アーク(Ark)の開発には暗号化とセキュリティという部分がかなり重要視されています。
これによって、常にリスクに備えたテストを実行し続けているため、高水準でのセキュリティ性能を発揮している状況です。
また、アーク(Ark)での送金に対して、匿名性を高める機能も提供しています。

アーク(Ark)に備わっているdPoSという承認アルゴリズム

アーク(Ark)ではdPoSという承認アルゴリズムを採用しています。
PoSとはアーク(Ark)の仮想通貨をウォレットに入れておくだけでマイニングなどを行わなくても承認作業が行える仕組みとなりますが、仮に資金力を武器に仮想通貨を独占的に支配するユーザーが現れてしまうとブロックチェーンの独裁的な運用を行われてしまい、安全性を担保できなくなります。
しかし、アーク(Ark)では投票を行うことによって分散化されているので、完全に権力が偏ることはものすごく低いものとなります。

アーク(Ark)は他の仮想通貨とつながるブリッジ的な存在

アーク(Ark)の根源にあるのはこのブリッジ的な存在としての価値です。
スマートブリッジ(Smart Bridge)という機能によって、ブロックチェーン同士をつなげる役割として使用することが可能になります。
これにより、世界中で数え切れないほどの仮想通貨が世の中に溢れたとしても、アーク(Ark)さえあればいつでも自由に仮想通貨同士を結びつけて取引ができるようになります。
わざわざ取引所で主軸な仮想通貨に交換して、更に別な仮想通貨に変えてから目的の仮想通貨にするなんていうことは行わなくてよいのです。

アーク(Ark)の歴史

2016年10月15日 アーク(Ark)が公開

アーク(Ark)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

アーク(Ark)を購入可能な取引所

残念ながら国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではバイナンス(Binance),アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),ビットジー(Bit-Z),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),クリプトピア(Cryptopia),コス(COSS),オーケーイーエックス(OKEx),ライブコイン(Livecoin),Abucoinsなどが取り扱っており取引可能です。

アーク(Ark)のマイニング情報

只今調査中です!!!

アーク(Ark)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook