ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の基本情報

名称 ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)
単位 BAT
公開日 2017/05/31
発行上限枚数 1,500,000,000BAT
業界 インターネット広告
公式サイト ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の公式サイト
ホワイトペーパー ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) 確認中
国内取引所 確認中
海外取引所 バイナンス(Binance),フオビ(Huobi),ビットレックス(Bittrex),アップビット(UPbit),
イーフィネックス(Ethfinex),ビットフィネックス(Bitfinex),リクイ(Liqui),バンコールネットワーク(Bancor Network),
ラトークン(LATOKEN),ジービードットコム(ZB.com),コイネックス(Koinex),ゲート.アイオー(Gate.io),
BuyUcoin,ライブコイン(Livecoin),カイバーネットワーク(
Kyber Network),イーサデルタ(EtherDelta),
アイデックス(IDEX),リーダーリレー(Radar Relay),ヨービット(Yobit),コビンフッド(Cobinhood),
メルカトックス(MERCATOX),ビッグワン(BigONE),他

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)とは?

インターネット広告の最適化を行うことを目的に作られた仮想通貨です。
イーサリアム(Ethereum)プラットフォームのブロックチェーン技術をベースに作られたトークンです。
この仮想通貨のすごいところは、この開発プロジェクトを率いているのが、インターネットブラウザの巨人であり、Internet ExplorerやGoogle Chromeにも方を並べているFirefoxの共同創業者です。
この著名な実力者が作っているということもあって、ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)は瞬く間に価格が上昇しました。

他にもこの仮想通貨には特徴があります。
それは、マイニングやステーキングによって承認作業を行い、報酬が与えられる仕組みではなく、ファーミングという仕組みを使用していることです。
このファーミングによって、独占的なインターネット広告の世界を変えていくことが期待されており、更にはインターネットの速度やユーザビリティにも改善の可能性が出てきます。

ファーミングがもたらすインターネットへの影響

このファーミングとは、Braveが提供するブラウザを使用することが承認作業を行うこととなり、報酬としてベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)が付与される仕組みとなります。
ブラウザを使用することでベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)が獲得できるのであれば、ユーザーは積極的に指定されたブラウザを使用することになるでしょう。
これがベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の開発者の狙いなのです。
世の中に出回っているインターネットブラウザには様々な仕掛けがあります。
みなさんが気にすることなく使用しているブラウザですが、そのブラウザにはユーザーがどのページにてどのようなことを行ったかという情報が一定期間記録されます。
これは、消すこともできるのですが、普段意識せずに使用している場合、保存されている情報を消すということが発送にないため、殆どのユーザーが消さずにそのままにしています。
すると、気がついたらインターネットに出てくる広告の内容が前回検索した内容に近しい内容になっているなんてことがあります。
これは、ユーザーがそのブラウザで何を見たかということが残されており、広告を配信する側はその情報を元に配信を行っているのです。
不動産サイトで賃貸マンションを調べれば、暫くの間賃貸マンションに関する広告がどこのサイトに行ってもついてきます。
この仕組みは、ブラウザにあるCookieという情報などを取得することでできるようになるのです。
その他にも、ブラウザでの閲覧によって予め仕込まれていた広告関連の計測タグによって、どのタイミングでどのような広告を出すことがベストか等インターネットでサービスを展開している会社は常にユーザーの行動を監視して、その情報を分析した結果をもとにより最適なサービスを開発して提供するように努めています。

これによって、ユーザーのプライバシーの一部である、いつどこで何を検索していたかという内容はブラウザに記憶されて、一部の企業にて取得して活用されています。
これは、プライバシーの問題の他に、ブラウザの読み込み速度や、モバイルバッテリーの消費速度の上昇等の問題にもつながっており、取得する側である企業も、このデータを目的にお金を支払っており、とにかく無駄が多い状況になっています。

長くなりましたが、このようなことをBraveが提供するブラウザでは行わない方針でおり、無駄を省くことで、ブラウザを利用するユーザーへのメリットだけでなく、広告主の損失も回避することが可能となります。
そして、独占的にインターネットの広告を支配している大企業に対しても平等に扱うことができる世の中になるのです。

Braveブラウザによる広告の仕組み

Braveブラウザでは、広告のやり取りによってベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)のコインであるBATが支払われます。
例えば、ユーザーが広告を視聴することで、ユーザーはBATを獲得することができます。
そして、BATはBraveが提供するプラットフォーム上のコンテンツやサービスにて使用することができるのです。

また、広告主も今までのCookie情報やトラッキングされたデータ等、本当に当てにしてよいかどうかわからないデータではなく、Braveのブラウザにて最適化されたデータを元に適切な配信を行います。
これによって、ユーザーに無関係な広告を出す可能性を極端に減らし、よりユーザーが求めている広告のみを提供することが可能となります。

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の歴史

2017年5月31日 ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)が公開

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)を購入可能な取引所

調査中ですが、現状国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではバイナンス(Binance),フオビ(Huobi),ビットレックス(Bittrex),アップビット(UPbit),イーフィネックス(Ethfinex),ビットフィネックス(Bitfinex),リクイ(Liqui),バンコールネットワーク(Bancor Network),ラトークン(LATOKEN),ジービードットコム(ZB.com),コイネックス(Koinex),ゲート.アイオー(Gate.io),BuyUcoin,ライブコイン(Livecoin),カイバーネットワーク(
Kyber Network),イーサデルタ(EtherDelta),アイデックス(IDEX),リーダーリレー(Radar Relay),ヨービット(Yobit),コビンフッド(Cobinhood),メルカトックス(MERCATOX),ビッグワン(BigONE)などが取り扱っており取引可能です。

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook