ビットシェアーズ(BitShares)

ビットシェアーズ(BitShares)

ビットシェアーズ(BitShares)の基本情報

名称 ビットシェアーズ(BitShares)
単位 BTS
公開日 2014/07/19
発行上限枚数 2,000,000,000BTS
業界 確認中
公式サイト ビットシェアーズ(BitShares)の公式サイト
ホワイトペーパー ビットシェアーズ(BitShares)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Delegated Proof of Stake
国内取引所 確認中
海外取引所 バイナンス(Binance),ジービードットコム(ZB.com),アップビット(UPbit),ポロニエックス(Poloniex),
エルバンク(Lbank),ライブコイン(Livecoin),インドダックス(INDODAX),コインエッグ(CoinEgg),
ゲート.アイオー(Gate.io),ビッグワン(BigONE),ヨービット(Yobit),他

ビットシェアーズ(BitShares)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ビットシェアーズ(BitShares)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ビットシェアーズ(BitShares)とは?

ビットシェアーズ(BitShares)はスマートコントラクトを最大限に活用して、革新的な機能を盛り込むために作らてたプラットフォームです。
様々な機能がありますが、最も重要なのは分散型金融プラットフォームとしてOpenLedgerという非中央集権的分散型取引所の仕組みを構築していることです。
その他にも、スマートコイン(Smartcoin)という米ドルや金などの資産に対して値が固定されているペグ通貨のうようなコインを作ったりしています。

また、これらの機能の活用において機能している承認アルゴリズムもDelegated Proof of Stake (DPOS)というシステムを利用しています。
このアルゴリズムは最も処理の早い承認アルゴリズムの1つといっても良いくらいの高性能を発揮しています。

OpenLedgerという非中央集権的分散型取引所の存在

ビットシェアーズ(BitShares)の最大の特徴は誰かが管理しているわけではなく、非中央集権的な特徴を持つ分散型取引所です。
誰も管理せずにブロックチェーン技術によって保証されたこの取引所は、不正やデータの改ざんを行うことは限りなく0に近い確率となっています。
親しい存在として、リップル(Ripple)という仮想通貨が存在しますが、リップルはRipple社によって管理された中央集権的な側面を持っており、この点で大きく異なっているといえます。

スマートコイン(Smartcoin)がもたらす資金変換の効率化

スマートコイン(Smartcoin)はアメリカドルや金と言った資産の価値に固定されたペグ通貨のような存在です。
スマートコイン(Smartcoin)はビットシェアーズ(BitShares)のBTSよりも高い価値となるように設計されています。
このように設計されたスマートコイン(Smartcoin)は為替レートに応じた換金などの時に無駄なコインの交換を行うことなく効率的な変換を行うことを可能にします。
OpenLedgerの取引所との相性もよく、ビットシェアーズ(BitShares)が展開する機能の中でも主要な存在となっています。

Delegated Proof of Stake (DPOS)という高速承認アルゴリズムが与えるインパクト

Delegated Proof of Stake (DPOS)は現存する承認アルゴリズムの中でも最も高速なものの1つでしょう。
クレジットカードの処理件数よりも多い件数でも毎秒処理することが可能です。
トランザクションの確認もわずか1秒という高速に設定されているため、取引所での取引は勿論、その他の金融プラットフォームとしての取り組み全てに対して最大限に力を発揮することができます。

スマートコントラクトの技術を最大限に活かした取り組み

ビットシェアーズ(BitShares)はスマートコントラクトの技術を活用して、定期支払いの仕組みを構築しています。
これによって、普段日常で引き落としされるような口座引落やクレジット引き落としなどと同じことがビットシェアーズ(BitShares)では行うことが可能になります。
そして、その処理は高速に完了し、消して改ざんされることはありません。
ある意味今の銀行が行っている処理よりも安心で信頼できるものかもしれません。
勿論、スマートコントラクトによってブロックチェーンに契約内容が記録されるため、安心して使用することができます。

ビットシェアーズ(BitShares)の歴史

014年7月19日 ビットシェアーズ(BitShares)が公開

ビットシェアーズ(BitShares)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ビットシェアーズ(BitShares)を購入可能な取引所

現状国内では取り扱っている取引所はありませんが絵画では複数取り扱っている取引所が有ります。
バイナンス(Binance),ジービードットコム(ZB.com),アップビット(UPbit),ポロニエックス(Poloniex),エルバンク(Lbank),ライブコイン(Livecoin),インドダックス(INDODAX),コインエッグ(CoinEgg),ゲート.アイオー(Gate.io),ビッグワン(BigONE),ヨービット(Yobit)などで取引可能となっています。

ビットシェアーズ(BitShares)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ビットシェアーズ(BitShares)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

関連記事

  1. ダッシュ(Dash)

    ダッシュ(Dash)

  2. リップル(Ripple)

    リップル(Ripple)

  3. トーケス(Tokes)

  4. オムニ(Omni)

    オムニ(Omni)

  5. イーサリアム(Ethereum)

    イーサリアム(Ethereum)

  6. ペイシェントリー(Patientory)

    ペイシェントリー(Patientory)

  7. ネム(NEM)

    ネム(NEM)/ゼム(XEM)

  8. フローリンコイン(FlorinCoin)

    フローリンコイン(FlorinCoin)

  9. ビットコイン(Bitcoin)

    ビットコイン(Bitcoin)

  10. エナジーコイン(Energycoin)

    エナジーコイン(Energycoin)

  11. ロモコイン(LoMoCoin)

    ロモコイン(LoMoCoin)

  12. モネロ(Monero)

    モネロ(Monero)

  13. ミステリアム(Mysterium)

    ミステリアム(Mysterium)

  14. アイオータ(IOTA)

    アイオータ(IOTA)

  15. イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

    イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

Facebook