クラウン(Crown)

クラウン(Crown)

クラウン(Crown)の基本情報

名称 クラウン(Crown)
単位  CRW
公開日  2014/10/08
発行上限枚数  42,000,000CRW
業界  確認中
公式サイト クラウン(Crown)の公式サイト
ホワイトペーパー  クラウン(Crown)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム)  Proof of Work(SHA-256)
国内取引所  確認中
海外取引所  ビットレックス(Bittrex),シーセックス(C-CEX),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),コインエクスチェンジ(Coinexchange), ヨービット(Yobit),他

クラウン(Crown)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

クラウン(Crown)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

クラウン(Crown)とは?

クラウン(Crown)の使命はたくさんあります。その中でも
・グローバル決済
・メッセージングアプリ
この2つのアプリケーションプラットフォームを目指しており、ブロックチェーンにてそれを実現しようとしてます。
この実現によって、クラウン(Crown)の価値を向上させ、ユーザーへ明確な所有権を与えメリットのある通貨として確率させることを掲げています。

クラウン(Crown)プロジェクトのメンバーは、ブロックチェーン技術は1990年台のインターネット技術の到来と似ていると考えており、今後の技術革新によって様々なことが可能になると考えています。
クラウン(Crown)プロジェクトはこの技術革新を促進させることも1つの大きな目的としています。

クラウン(Crown)は透明性を重視した仮想通貨

クラウン(Crown)は透明性を重視しており、そのためこの仮想通貨には匿名性はありません。
また、ICOも実施しておらず、これもクラウン(Crown)という仮想通貨の透明性を担保するためだと言われています。
プレマイニングのようなことも行っておらず、ユーザーによくわからない不透明なことは行わない方針が貫かれているのです。

クラウン(Crown)のコミュニティは民主主義で成り立つ

クラウン(Crown)の存在価値を高めているのはプラットフォームに成り立つコミュニティです。
このコミュニティではユーザーが様々な提案を行うことができます。
提案ができるのはクラウン(Crown)のコインを保持しているユーザーのみですが、クラウン(Crown)所有者による提案を同じクラウン(Crown)所有者が多数決で提案を承諾するか却下するかを決めることができるのです。
これにより、クラウン(Crown)が掲げている透明性の担保にもつながっています。

クラウン(Crown)の歴史

2014年10月8日 クラウン(Crown)が公開

クラウン(Crown)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

クラウン(Crown)を購入可能な取引所

残念ながら国内では取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではビットレックス(Bittrex),シーセックス(C-CEX),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),コインエクスチェンジ(Coinexchange), ヨービット(Yobit)などが取り扱っており、取引可能です。

クラウン(Crown)のマイニング情報

クラウン(Crown)のマイニングはビットコイン(Bitcoin)のマイニングと同時に行うことができます。
ビットコインマイナーは同時にクラウン(Crown)を獲得することができるのです。
これは、ビットコイン(Bitcoin)という仮想通貨の中でもメジャーで基軸通貨とも言えるべき存在に寄り添うことで、クラウン(Crown)の知名度向上や仮想通貨市場での存在感を高めることが目的となっています。

クラウン(Crown)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook