ディークレッド(Decred)

ディークレッド(Decred)

ディークレッド(Decred)の基本情報

名称 ディークレッド(Decred)
単位 DCR
公開日 2016/02/08
発行上限枚数 21,000,000DCR
業界 確認中
公式サイト ディークレッド(Decred)の公式サイト
ホワイトペーパー ディークレッド(Decred)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Proof of Work(BLAKE256),Proof of Stake
国内取引所 確認中
海外取引所 アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),ポロニエックス(Poloniex),ブルートレード(Bleutrade),
クリプトピア(Cryptopia),ヨービット(Yobit),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),タックスエクスチェンジ(Tux Exchange),
ノヴァエクスチェンジ(Novaexchange),Abucoins,他

ディークレッド(Decred)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ディークレッド(Decred)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ディークレッド(Decred)とは?

ディークレッド(Decred)ほど開発者と保有者の壁が薄い仮想通貨は存在しないです。
それほど、開発者はディークレッド(Decred)を保有するユーザーのことを考えてこの仮想通貨を開発しました。
ディークレッド(Decred)を保有すると何か方針や物事を決定する際に使用できる投票券を有することになります。
この投票の結果によってディークレッド(Decred)のシステムは決まるのです。
その為、開発者の独断で方針が決まっていくこともなく、本当に非中央集権的な仮想通貨と言えます。
もちろん、ディークレッド(Decred)のプロジェクトはオープンソースでの開発となっているため、誰もが自由に開発されたソフトウェアを使用することも可能です。

また、マイナーにとっても複数の選択肢を提供することができるようにPoWとPoSのシステムを両方共採用しており、マイニングの裾野を広げました。
これによって、一部のマイナーによる独占的なマイニングや一部のホルダーによる独裁的なステーキング行為が分散される事になります。

専用のウォレットに関しても、誰もが簡単に使用することができるように開発されており、複雑なウォレットが多い中で優れたユーザービリティを備えた作りとなっています。

ディークレッド(Decred)の投票制度のよる平等なシステム

ディークレッド(Decred)の保有者には全員に平等な投票の権利を与えられます。
この投票によって、開発側の独断による方針や機能などの開発を行うことなく、全員で決めた方針にて開発が行われていく仕組みとなります。
言わばこの民主主義の現代社会を、ディークレッド(Decred)のコミュニティでは再現しているといえるでしょう。
ちなみにこの投票やディークレッド(Decred)のコミュニティを基盤としており、最も最初に実現したコンセンサス投票システムです。
そして、その開発の内容はGitHub上に公開されており、エンジニアであれば誰もが見ることができます。
開発されたシステムは全てオープンソースとなっており、他の開発でも自由に使用することができるのです。
これにより、平等な仕組みで隠し事なくディークレッド(Decred)の開発は行われ続け、そこから得た信頼によってコミュニティは活性化してより大きな存在となります。

マイニングでもステーキングでも対応できるPoW+PoSの承認アルゴリズム

ディークレッド(Decred)はマイナーによる高度な計算により承認作業を行うPoWの仕組みだけでなく、ユーザーが専用ウォレットにディークレッド(Decred)を保管しておくことで承認作業を行うPoSにも対応しています。
これにより、マイニングやステーキングを一部の資金力のあるユーザーによって独占されることを防ぐことが可能となり、また開発者の意見対立によって発生するハードフォークのようなことも起こる可能性を低くすることができるようになります。
ディークレッド(Decred)のユーザーに対して、運用の仕組みだけでなく承認作業のことまで考えられていることは素晴らしく、このような仮想通貨は世の中には数少ないでしょう。

ウォレットも簡単な操作性かつサポートOSも充実

専用のウォレットは一部のOSだけで使用できるわけではなく、Windows、MacOS、Linuxといったほぼすべてのユーザーを網羅できるOSにて使用することが可能となります。
また、ウォレットアプリケーションは、ITリテラシーの高くないユーザーでも使用することが可能な設計となっているため、少ないクリックで行いたいことが行える仕組みや、自分なりにカスタマイズしてより使用しやすいウォレットにしていくような仕組みが提供されています。

ディークレッド(Decred)の歴史

2016年2月8日 ディークレッド(Decred)が公開

ディークレッド(Decred)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ディークレッド(Decred)を購入可能な取引所

確認中ですが、国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではアップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),ポロニエックス(Poloniex),ブルートレード(Bleutrade),クリプトピア(Cryptopia),ヨービット(Yobit),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),タックスエクスチェンジ(Tux Exchange),ノヴァエクスチェンジ(Novaexchange),Abucoinsなどで取り扱っており取引可能です。

ディークレッド(Decred)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ディークレッド(Decred)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook