ダイアモンド(Diamond)

ダイアモンド(Diamond)

ダイアモンド(Diamond)の基本情報

名称 ダイアモンド(Diamond)
単位  DMD
公開日  2013/07/13
発行上限枚数 4,380,000DMD
業界  確認中
公式サイト ダイアモンド(Diamond)の公式サイト
ホワイトペーパー  確認中
システム(アルゴリズム)  Proof of Work(Groestl),Proof of Stake
国内取引所  確認中
海外取引所  ビットレックス(Bittrex),ライブコイン(Livecoin),他

ダイアモンド(Diamond)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ダイアモンド(Diamond)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ダイアモンド(Diamond)とは?

ダイアモンドと聞くとほとんどの方は宝石のダイアモンドを連想するでしょう。
それは正しいです。
実はこの仮想通貨のダイアモンド(Diamond)は仮想通貨の中で最も希少価値の高い存在になることを目的に作られました。

ダイアモンド(Diamond)は発行上限が少なく、希少価値が高い仮想通貨である

ダイアモンド(Diamond)の発行上限数は4,380,000DMDでそれ以上発行されることはありません。
これは、ビットコイン(Bitcoin)の21,000,000BTCよりも更に少ない数であり、仮想通貨全体を見ても少ない方に分類します。

これにより、ダイアモンド(Diamond)は希少価値を高め、宝石のダイアモンドのように資産価値を高めているのです。

ダイアモンド(Diamond)は保持するだけで報酬が獲得できる仮想通貨

ダイアモンド(Diamond)はPoSの承認アルゴリズムを採用しています。
これは、専用ウォレットにダイアモンド(Diamond)を入れておくだけで、マイニングを行うことなく報酬が獲得できる仕組みで、最大で年利25%にもなります。
数年に渡り、年利は徐々に減っていき、最終的には0%になりますが、そのときには発行上限に達するため、ダイアモンド(Diamond)はインフレが発生することはなくなり、安定した価格を推移することが期待できます。

ダイアモンド(Diamond)は高セキュリティかつ高速送金で資産価値を高める

また、これだけでは資産価値を高めることは難しいですが、ダイアモンド(Diamond)はセキュリティも強化され、送金や決済も早い特徴があるので、気軽に資産の譲渡などを行うことができるため、このような仕組みからも安定した価値を出すことが期待されるのです。

ダイアモンド(Diamond)の歴史

2013年7月13日 ダイアモンド(Diamond)が公開

ダイアモンド(Diamond)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ダイアモンド(Diamond)を購入可能な取引所

確認中ですが、現状国内で取り扱っている取引所はありません。

海外ではビットレックス(Bittrex),ライブコイン(Livecoin)などが取り扱っており、取引可能です。

ダイアモンド(Diamond)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ダイアモンド(Diamond)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook