デジバイト(DigiByte)

デジバイト(DigiByte)

デジバイト(DigiByte)の基本情報

名称 デジバイト(DigiByte)
単位  DGB
公開日 2014/01/10
発行上限枚数 21,000,000,000DGB
業界 確認中
公式サイト デジバイト(DigiByte)の公式サイト
ホワイトペーパー 確認中
システム(アルゴリズム) Proof of Work(Scrypt/SHA-256/Qubit/Skein/Groestl)
国内取引所 確認中
海外取引所 アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),ポロニエックス(Poloniex),ヒットビーティーシー(Hitbtc),
ライトビット.イーユー(Litebit.eu),クリプトピア(Cryptopia),オーケーイーエックス(OKEx),クーコイン(KuCoin),
ヨービット(Yobit),ビットジー(Bit-Z),ライブコイン(Livecoin),クリプトビレッジ(CryptoBridge),
コインエクスチェンジ(Coinexchange),トレードサトシ(Trade Satoshi),ノヴァエクスチェンジ(Novaexchange),他

デジバイト(DigiByte)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

デジバイト(DigiByte)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

デジバイト(DigiByte)とは?

世界中でユーザーがいるゲームであるマインクラフトで、このデジバイト(DigiByte)は使用されました。
これによって有名になり一気に価格の上昇が起こりましたが、それ以外にもとても魅力のある仮想通貨です。

デジバイト(DigiByte)にはマイニングアルゴリズムが多種多様に搭載されているという特徴や、ブロック生成速度が早く、スケーラビリティの考慮う必要がない設計となっていることも魅力の1つです。
また、セグウィット(Segwit)という取引データを圧縮して大量処理を行う仕組みを最初に導入した仮想通貨としても有名です。

ほかにも、ディグサイン(Digusign)というスマートコントラクト機能のようなものや、ディグシールド(DigiShild)というマイニング難易度の自動調整機能なども組み込まれています。

デジバイト(DigiByte)に搭載されたPoWの5つのアルゴリズム

デジバイト最大の特徴は5つのアルゴリズムを採用していることです。
全てマイニングを前提としたPoWのアルゴリズムで、それぞれScrypt/SHA-256/Qubit/Skein/Groestlという名称のシステムとなります。
この5つのマイニングアルゴリズムを搭載していることで、様々なマイナーがマイニングに参加することが可能になり、独占的なマイニング作業を防止することができます。
市場が偏って、一部のユーザーが大量にマイニングの権利を獲得することを防ぐことはかなりしにくい状況となっているのです。
この一部のユーザーがマイニングを独占する行為は、時にセキュリティにも影響を与える可能性が有ります。
PoWのアルゴリズムには過半数を獲得することでブロックを生成するという仕組みが有り、これは51%攻撃と言うような言われ方をしますが、デジバイト(DigiByte)は5つのアルゴリズムがそれぞれ20%ずつ分散されており、独占的に51%以上の承認を行うことがとても難しいのです。
高性能な量子コンピューターが出現したらまた別な話ですが、現在の技術でデジバイト(DigiByte)のブロックチェーンを改ざんすることは事実上不可能といえます。

ブロック生成間隔が短く、トランザクション処理量が増加する仕組みを採用

デジバイト(DigiByte)には送金が遅延しない仕組みも取り入れられています。
ブロックチェーンの仕組み上、ブロック生成間隔と言うものが決められており、その決められた間隔ごとに処理が必要な情報をまとめてブロックチェーン内に格納していきます。
その1つのブロックごとにも格納できる上限の量が定められているため、この上限を超えた分のデータは次のタイミングでブロックに格納するという仕組みになります。
これだと、送金に活発に使用されるようになるに連れて、後続の送金があとのブロックに回されていき処理の遅延が発生してしまうのです。
現にビットコイン(Bitcoin)では送金の遅延が起こっており、スケーラビリティの問題が騒がれている状況です。
これを防ぐために、デジバイト(DigiByte)は2つの対策を行っています。

ブロック生成間隔を15秒に設定

ビットコインは10分です。10分の間に大量の送金処理が発生した場合は、そのブロックに収まらない情報は次の10分にて処理が行われます。
しかし、デジバイト(DigiByte)は15秒となっおり、これによって15秒ごとの短い間での送金処理が対象となるため、次のブロックに遅延することは起こりづらくなるのです。
このブロック生成間隔を短縮することは、時に弊害があります。
ブロックの生成間隔が短い場合、マイナーは高度な計算を行うことができないため、必然的に計算の難易度が下がります。
これによって、セキュリティに脆弱な状況になる可能性もあります。
しかし、前述したとおり、5つの承認アルゴリズムが20%ずつ動作している状況での独占的なマイニングは非常に困難であるため、セキュリティの脆弱な状況は回避することができています。
また、ディグシールド(DigiShield)というマイニングの難易度を自動でコントロールする仕組みも備えられているため、これによるセキュリティが脆弱になる心配も緩和でき、かつマイニングの報酬の現象などもコントロールすることができています。

トランザクション処理量が2年毎に2倍に増加

デジバイト(DigiByte)のある意味最も優れた機能です。
15秒毎にブロックが生成されたとしても、15秒以内に想定を上回る処理量の送金が発生した場合、15秒のブロックで処理がしきれないこともあるかもしれません。
デジバイト(DigiByte)は、この状況に陥る可能性も予め考慮した設計となっており、2年毎に1ブロックでのトランザクション処理料を2倍にしていくという仕組みが取り入れられています。
これによって、年々デジバイト(DigiByte)を使用した送金などが多くなったとしても、15秒毎に処理する情報量の上限からあふれる可能性は極端に低くなり、送金処理の遅延も回避できるという状態が作られています。

また、トランザクション量が増加したときの対策と並行して、セグウィット(Segwit)というトランザクションデータの圧縮機能も搭載しているため、スケーラビリティのリスクは極めて低い状況を作り上げています。

ディグサイン(Digusign)はスマートコントラクトと同じ機能

デジバイト(DigiByte)にはイーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトと同じように契約内容をブロックチェーンに格納することができる機能があります。
それが、ディグサイン(Digusign)という機能です。
これによって、送金とともにブロックチェーンに契約の内容を記録することが可能になるので、デジバイト(DigiByte)を使用する全てのユーザーがプライベートでもビジネスでも小さな契約から大きな契約までシステムで自動で交わすことが可能になります。
この情報は、デジバイト(DigiByte)の安全性やブロックチェーンの技術によって改ざんすることは不可能な状態があるからこそできる仕組みとなります。

デジバイト(DigiByte)の歴史

2014年1月10日 デジバイト(DigiByte)が公開

デジバイト(DigiByte)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

デジバイト(DigiByte)を購入可能な取引所

国内では取り扱っている取引所はありません。

海外ではアップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),ポロニエックス(Poloniex),ヒットビーティーシー(Hitbtc),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),クリプトピア(Cryptopia),オーケーイーエックス(OKEx),クーコイン(KuCoin),ヨービット(Yobit),ビットジー(Bit-Z),ライブコイン(Livecoin),クリプトビレッジ(CryptoBridge),コインエクスチェンジ(Coinexchange),トレードサトシ(Trade Satoshi),ノヴァエクスチェンジ(Novaexchange)などが取り扱っており取引可能です。

デジバイト(DigiByte)のマイニング情報

只今調査中です!!!

デジバイト(DigiByte)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook