イオス(EOS)

イオス(EOS)

イオス(EOS)の基本情報

名称  イオス(EOS)
単位  EOS
公開日  2017/06/26
発行上限枚数  1,000,000,000EOS
業界  プラットフォーム
公式サイト  https://eos.io/
ホワイトペーパー  イオス(EOS)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム)  Delegated Proof of Stake
国内取引所  確認中
海外取引所  ビッサム(Bithumb),フオビ(Huobi),ビットフィネックス(Bitfinex),バイナンス(Binance),シーエイチビーティーシー(Chbtc),
ゲート.アイオー(Gate.io),ビットジー(Bit-Z),ヒットビーティーシー(Hitbtc),クラーケン(Kraken),ビッグワン(BigONE),
クーコイン(KuCoin),ヨービット(Yobit),ライブコイン(Livecoin),コビンフッド(Cobinhood),コス(COSS),
Abucoins,メルカトックス(MERCATOX)

イオス(EOS)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

イオス(EOS)のチャート





※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

イオス(EOS)とは?

イオス(EOS)は不思議な仮想通貨です。
イオス(EOS)の発行団体はICOの際にイオス(EOS)には何も利用用途が存在しないという前提をホワイトペーパーに表記した上で資金調達を行いました。
これは、ICOのときの話ではなく、ICO後も予定はないということです。
もはや資金調達を目的として仮想通貨と言っても過言ではありません。
しかし、イオス(EOS)はICOブームに乗り、仮想通貨全体でトップ10位内の時価総額となりました。
何も目的のない仮想通貨がこれほどの価値になることは、おそらくイオス(EOS)以外には存在しません。

しかし、そんなイオス(EOS)にも特徴はあります。

先述通り、利用用途がない、ということと、48時間以内に移転することはできないということが一つ目の大きな特徴です。

もう一つの特徴は、開発チームにの経験値の高さです。
経験値の高い実績豊富な優秀な開発メンバーが揃っており、これがイオス(EOS)の勝ちにつながっていると推測されます。

もう一つの特徴は、イオス(EOS)自体の機能性の高さです。
イオス(EOS)の承認アルゴリズムにはDPoSという仕組みが採用されています。間接民主制のような承認システムとでも言うべきでしょうか。
イオス(EOS)のブロックチェーンに参加している人たちの投票によってこの対象の取引を誰が承認するかを決め、選出された承認者が最終的に承認することで新たなブロックが形成されブロックチェーンが伸びていきます。

これが、何故特徴的なのかというと、これによってスケーラビリティーが大幅に向上し、トランザクションの処理速度の向上やバグの容易な修正が可能となります。
要は一つ一つの処理がすぐに済む状態を作っているということです。
これは、イオス(EOS)が1秒で何百万件の処理を行うことが可能な状態を作り上げています。
2018年現在、フェイスブックは5万件です。ビットコイン(Bitcoin)は7件くらいです。

更に、この仕組みによって、イオス(EOS)の利用にて手数料は無料で行うことが可能となり、様々なシーンでの利用可能性がある仮想通貨とも言えるのです。

発行元が利用目的がないと説明しても、このようなメリットがたくさん詰まったイオス(EOS)は開発チームが優秀なこともあって、発行元がプラスの方向へ方針転換を行ったときの威力は計り知れません。
このような背景から、イオス(EOS)は無価値ながら価値がある仮想通貨として存在しているのです。

イオス(EOS)の歴史

2017年6月26日 イオス(EOS)が公開

イオス(EOS)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

イオス(EOS)を購入可能な取引所

調査中ですが、現状国内の取引所では取引可能なところはありません。

海外ではビッサム(Bithumb),フオビ(Huobi),ビットフィネックス(Bitfinex),バイナンス(Binance),シーエイチビーティーシー(Chbtc),ゲート.アイオー(Gate.io),ビットジー(Bit-Z),ヒットビーティーシー(Hitbtc),クラーケン(Kraken),ビッグワン(BigONE),クーコイン(KuCoin),ヨービット(Yobit),ライブコイン(Livecoin),コビンフッド(Cobinhood),コス(COSS),Abucoins,メルカトックス(MERCATOX)などで取引が行なえます。

今後、国内でも取引できるところが出てくるかもしれません。

イオス(EOS)のマイニング情報

只今調査中です!!!

イオス(EOS)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook