イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)の基本情報

名称  イーサリアム(Ethereum)
単位  ETH
公開日  2015/07/30
発行上限枚数  定めなし
業界  プラットフォーム
公式サイト  https://www.ethereum.org/
ホワイトペーパー  https://github.com/ethereum/wiki/wiki/White-Paper
システム(アルゴリズム)  Proof of Work(Ethash)
国内取引所  有り
海外取引所  有り

イーサリアム(Ethereum)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

イーサリアム(Ethereum)のチャート





※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

イーサリアム(Ethereum)とは?

イーサリアム(Ethereum)とは、ただの送金や換金機能を備えた仮想通貨ではなく、さらなる付加価値を備えた仮想通貨です。
ビットコイン(Bitcoin)が仮想通貨1.0世代だとしたら、イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨2.0世代を作り出した仮想通貨と言えます。
イーサリアム(Ethereum)が登場するまでは、仮想通貨といえば、ビットコイン(Bitcoin)のような非中央集権的で誰の管理下にも置かれていない自由に送金や換金が行えるトークンでした。
しかし、イーサリアム(Ethereum)は同様に送金や換金を行うことができるのは勿論、分散アプリケーションという概念を持った仮想通貨なのです。
イーサリアム(Ethereum)はスマートコントラクトという機能を備えており、これを実行する分散プラットフォームと言われています。
何を言っているかよくわからないかもしれませんが、イーサリアム(Ethereum)の可能にしたことは革命的なものでした。
スマートコントラクトとは契約という意味を持っています。
契約を実行するプラットフォームであり、その名がイーサリアム(Ethereum)です。
そして、スマートコントラクトを実行するために必要なのがイーサ(Ether)という仮想通貨です。
今までの世界では、何かの契約を結ぶ際に、人を介して順序通りの契約手法で取り交わしてきました。
例えば、高額なものを購入する際は、見積書を取り交わし、契約書を取り交わし、金銭を送金することで契約が完結します。
イーサリアム(Ethereum)はこの一連の流れを同時に行うことを可能にしたプラットフォームなのです。
イーサリアム(Ethereum)プラットフォーム上でユーザーはイーサ(Ether)を支払うと同時に契約を行うことができます。
この内容が、ブロックチェーン技術のもとで管理されていきます。
また、イーサリアム(Ethereum)では任意の日付や目標値に到達するまで、寄付者のお金を保持する契約を作成することも可能です。
これが、2017年にブームが訪れたICOに大きく関わってきます。
イーサリアム(Ethereum)によってICOは開発者にとって手軽なものとなりました。
簡単に言えば、イーサリアム(Ethereum)プラットフォームにて不特定多数のユーザーからイーサ(Ether)を集め、期日または目標値に到達したら独自のトークンを発行するということができるのです。
今までの話をおさらいしましょう。
イーサリアム(Ethereum)はスマートコントラクト機能によって、イーサ(Ether)を支払うと同時に契約を結ぶことができます。
ICOではイーサ(Ether)を期日または目標値に到達するまで集めて、それをクリアしたときに独自トークンを発行する契約が成立したということです。
独自トークンとは簡単に言えば新しい仮想通貨のことを指してます。
これによってICOの90%以上はイーサリアム(Ethereum)プラットフォームを利用して行われるようになりました。
今後、日常生活にあふれる契約を交わすことはもしかしたら全てイーサリアム(Ethereum)プラットフォームで行う日が来るかもしれません。
そうなったときにはイーサ(Ether)が必要なのです。

イーサリアム(Ethereum)の歴史

イーサリアム(Ethereum)の構想は意外と日が浅く2013年から始まりました。
2014年2月には初期リリースが行われ、現在までに数多くの開発がなされています。
ここまではイーサリアム(Ethereum)はそこまで注目された仮想通貨ではなかったのですが、ある事件が起こります。
それが、イーサリアムに対して行われたハッキング事件です。
2016年6月にイーサリアム(Ethereum)から派生したTHE DAOという仮想通貨を経由してイーサリアム(Ethereum)はハッキングされ、約360万ETHを盗まれました。
これは、イーサリアム(Ethereum)プラットフォームでICOを行ったTHE DAOの脆弱性に問題があり、イーサリアム(Ethereum)に問題が合ったわけではないのですが、これを気に、システムの安全性を担保するためにハードフォークを行い、結果的にイーサリアム(Ethereum)はブロックチェーンの恒久的な分岐が発生し、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)という仮想通貨を生み出します。
※この背景には、ハードフォークによってハッキングに使用されたイーサ(Ether)が使用できなくなることを嫌った開発者の反対や、イーサリアム(Ethereum)プロジェクトが関わるハッキングをハードフォークを行うことでなかったことにしたいという思惑とTHE DAOの問題なのでイーサリアム(Ethereum)は関係ないから何もしないという両者の対立等、様々な要因があるようです。

そしてその後、2018年1月に再びハードフォークを行い、イーサゼロ(EtherZero)という新たな仮想通貨が誕生します。

イーサリアム(Ethereum)のハードフォーク情報

2017年12月 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

2018年1月 イーサゼロ(EtherZero)

イーサリアム(Ethereum)を購入可能な取引所

只今調査中です!!!

イーサリアム(Ethereum)のマイニング情報

只今調査中です!!!

イーサリアム(Ethereum)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

関連記事

  1. ビットコイン(Bitcoin)

    ビットコイン(Bitcoin)

  2. ロモコイン(LoMoCoin)

    ロモコイン(LoMoCoin)

  3. ネオ(NEO)

    ネオ(NEO)

  4. リスク(Lisk)

    リスク(Lisk)

  5. ミステリアム(Mysterium)

    ミステリアム(Mysterium)

  6. ダッシュ(Dash)

    ダッシュ(Dash)

  7. オムニ(Omni)

    オムニ(Omni)

  8. ストラティス(Stratis)

    ストラティス(Stratis)

  9. ネム(NEM)

    ネム(NEM)/ゼム(XEM)

  10. ラジウム(Radium)

    ラジウム(Radium)

  11. ビットシェアーズ(BitShares)

    ビットシェアーズ(BitShares)

  12. イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

    イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

  13. ライトコイン(Litecoin)

    ライトコイン(Litecoin)

  14. ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)

    ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)

  15. エナジーコイン(Energycoin)

    エナジーコイン(Energycoin)

Facebook