フェアコイン(FairCoin)

フェアコイン(FairCoin)

フェアコイン(FairCoin)の基本情報

名称  フェアコイン(FairCoin)
単位  FAIR
公開日  2014/03/04
発行上限枚数  確認中
業界  確認中
公式サイト  フェアコイン(FairCoin)の公式サイト
ホワイトペーパー  フェアコイン(FairCoin)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム)  Proof of Work(Groestl),Proof of Stake,Proof of Cooperation
国内取引所  確認中
海外取引所  ビットレックス(Bittrex),他

フェアコイン(FairCoin)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

フェアコイン(FairCoin)のチャート


※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

フェアコイン(FairCoin)とは?

フェアコイン(FairCoin)とは、その名の通り競争や支配が行われない誰もがフェアな環境を整えた仮想通貨です。
ブロックチェーン技術によって、マイニングやステーキングという認証作業を手伝うことで、報酬として対象の仮想通貨を獲得することができるのですが、マイニングの場合、お金に物を言わせた多額の投資でマイニングマシーンを構成して、電力を大量に消費しながらマイニングを行っています。
これは、大手企業が参入するようなレベルになっており、もはや個人では太刀打ちできません。

ステーキングでは、殆どの仮想通貨が対象の仮想通貨の保有枚数に応じた配当を行っているため、たくさん保有している人が、たくさんの恩恵を受ける仕組みとなっています。

これを解決するために、フェアコイン(FairCoin)はPoC(Proof of Cooperation)というシステムを自ら生み出しました。

フェアコイン(FairCoin)が作り出したPoC(Proof of Cooperation)とは?

フェアコイン(FairCoin)最大の特徴であるPoC(Proof of Cooperation)とは、マイニングにかかる多量な電力と多量なリソース、時間を削減することが可能です。

PoC(Proof of Cooperation)の仕組みの中ではフェアコープ(FairCoop)と呼ばれる協同組合のような存在がいます。
このフェアコープ(FairCorp)は不平等な事象を減らす目的で作られており、平等に富を分配するような公平で平等なシステムの必要性を提唱しています。

PoC(Proof of Cooperation)は発行主体が認めた機関のみがマイニングやステーキングを行うことができるような仕組みで、これによって効率的で安全性の高いマイニングやステーキングを実現しています。
この機関の存在により、煩雑な信頼度不明なマイナー等に対して多額の対価を支払うことなく、認められた専門機関のみがマイニングやステーキングを行うので、フェアコイン(FairCoin)の信頼性向上につながり、マイニングやステーキング作業に対しての支払い対価も低く抑えることが可能になります。
これにより、インフレは起こりにくくフェアコイン(FairCoin)の価格の下落も発生しにくい状況となります。

フェアコイン(FairCoin)の歴史

2014年3月4日 フェアコイン(FairCoin)が公開

2014年3月6日 フェアコイン(FairCoin)の取引開始。取引開始時価格は0.02$

フェアコイン(FairCoin)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

フェアコイン(FairCoin)を購入可能な取引所

現在調査中ですが、国内では取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではビットレックス(Bittrex)などが取り扱っており、取引可能です。

フェアコイン(FairCoin)のマイニング情報

只今調査中です!!!

フェアコイン(FairCoin)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook