ヒューマニック(humaniq)

ヒューマニック(Humaniq)

ヒューマニック(Humaniq)の基本情報

名称 ヒューマニック(Humaniq)
単位  HMQ
公開日  2016/12/11
発行上限枚数  184,000,000HMQ
業界  確認中
公式サイト ヒューマニック(Humaniq)の公式サイト
ホワイトペーパー ヒューマニック(Humaniq)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Proof of Face
国内取引所  確認中
海外取引所 アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),イーサデルタ(EtherDelta),ヨービット(Yobit),他

ヒューマニック(Humaniq)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ヒューマニック(Humaniq)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ヒューマニック(Humaniq)とは?

ヒューマニック(Humaniq)はイーサリアムブロックチェーン上に作成されたトークンで、第4世代のモバイルバンキングを提唱しています。
今の銀行は書類や身分証明、データ整合性の保証等、様々な障壁が存在しており、それは銀行の運営側にも銀行を使用するユーザー側にも両方が面倒な処理ばかりです。
これをヒューマニック(Humaniq)はブロックチェーンの技術を最大限に利用して、今の銀行が抱えている全ての障壁をなくし、誰もが簡単に利用できるモバイルバンキングを作ろうとしています。
それは、先進国のような設備の整った国だけではなく、新興国や貧困国に至るまで全ての国を網羅するような仕組みです。
身分証明書の提示が難しい人でも、1日の生活水準が1ドルに満たないような人でも使用することが可能な銀行ということです。

ヒューマニック(Humaniq)の認証方法はバイオメトリクスにある

バイオメトリクス認証とは、人間が個々に持つ固有な特徴を利用した認証方法です。生体認証とも言います。
有名なもので言うと指紋認証が挙げられますが、その他にも唇、顔、網膜、静脈、声紋などもバイオメトリクス認証の手段として考えられています。

ヒューマニック(Humaniq)が身分証明書を不要にすることができるのは、このバイオメトリクス認証を前提に仕組みを作っているからです。
このバイオメトリクス情報を改ざん不可能なブロックチェーンに格納することで、誰も持ち出すことのできない完全固有な情報として使用することができるのです。

これにインターネットの技術を掛け合わせることで、強固なブロックチェーンにより担保されたセキュリティと誰もが操作できるアプリやWebから、銀行で行っていた支払いや貸出し、預入れ、キャッシング、送金、決済などを簡単に済ませることができます。
そして、この行いの間には誰も経由することがないため、手数料や処理のコストが削減されるため、低料金で素早く済ませることができるのです。

ヒューマニック(Humaniq)の承認システムはProof of Faceという画期的なもの

ヒューマニック(Humaniq)はProof of Faceという他では見ない承認システムを採用しています。
これは、マイニングという作業を行うPoWや専用ウォレットに保持するPoSとは違い、ヒューマニック(Humaniq)のサービスで何かの行動を行うことで承認される仕組みです。
例えば、ユーザーがアカウントを開いたり、ログアウトしたり、誰かを招待したり、その他にも何か行動をすることで承認されて新しいブロックが生成されます。
これによって、マイニングのような大量電力を消費したりスパコン並みのスペックを確保する必要もなく、専用ウォレットに大量にコインを預けているユーザーだけがコインを独占するようなことも発生しません。

オープンソースや提供APIによって拡張するヒューマニック(Humaniq)の世界

ヒューマニック(Humaniq)はその技術をオープンソースとして公開しており、様々な開発者が自由に使用できるようになっています。
また、開発者へAPIの提供も行っており、これも自由に他のサービスと接続することが可能となっています。
これによって、同調するサービスや親和性の高いものに対して接続されることでよりヒューマニック(Humaniq)の世界を現実のものにしていくことが想定されます。

拡張したヒューマニック(Humaniq)のその後

ヒューマニック(Humaniq)はアプリを利用した様々なサービス提供を想定しています。
それは、モバイルバンキングの内容から拡張したものもあり、アプリ内で全てを完結させることができ、世界中の情報が集約され、現地に行かなくてもアプリで契約までを完結することが可能なのです。

保険の契約

旅行先で保険に入りたいと思ったことや、急な車の運転を行う予定ができたので、そのときだけ保険に入りたいと思ったことがあるとします。
今の世界では、インターネットで保険を契約することはできません。
インターネットで保険を契約する場合は、結局資料請求を行うまでがインターネットの限界で、その後書類に様々な必要事項を記入して、身分証明書のコピーなども添えて返送して、ようやく保険を契約するという流れになります。

たとえ契約ができる店舗にいたとしても、身分証明書や必要書類への記入は行うことになります。

これがヒューマニック(Humaniq)のシステムが提供するアプリで完結するということです。
突発的なものや、1回限りの保険契約などはアプリで保険会社を探して契約してしまう。そんなことが可能になります。
その時、やり取りはビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)をほんの少しだけアプリで送れば終わるのです。
他の仮想通貨でも対応が可能にする構想も有ります。

雇用の契約

インターネットで依頼できる仕事が存在するとします。
その仕事は、物価の高い地域で契約すると赤字になってしまう仕事だったり、近くで対応可能なスキルを持っている人が存在しないなどの障壁でなかなか今では人を探すことも難しい状況が有りますが、このような突発的な雇用もヒューマニック(Humaniq)のシステムが提供するアプリでは完結することができます。
ヒューマニック(Humaniq)のサービスを利用しているユーザーは、提供されたアプリ内で自ら仕事を探すことが可能で、アプリ内で契約を行うこともできてしまうのです。
その際のお金のやり取りも、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)などの送金で完結し、今後様々な仮想通貨に対応することになるでしょう。

また、ユーザー同士が相互レビューを行うことで品質を担保していくような仕組みも構築されます。

ヒューマニック(Humaniq)の歴史

2016年12月11日 ヒューマニック(Humaniq)が公開

ヒューマニック(Humaniq)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ヒューマニック(Humaniq)を購入可能な取引所

残念ながら国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではアップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),イーサデルタ(EtherDelta),ヨービット(Yobit)などが取り扱っており取引可能です。

ヒューマニック(Humaniq)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ヒューマニック(Humaniq)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook