コモド(Komodo)

コモド(Komodo)

コモド(Komodo)の基本情報

名称 コモド(Komodo)
単位 KMD
公開日 2016/09/01
発行上限枚数 200,000,000KMD
業界 確認中
公式サイト コモド(Komodo)の公式サイト
ホワイトペーパー コモド(Komodo)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Delayed Proof of Work
国内取引所 確認中
海外取引所 アップビット(UPbit),バイナンス(Binance),ビットレックス(Bittrex),ヒットビーティーシー(Hitbtc),
クリプトピア(Cryptopia),トレードサトシ(Trade Satoshi),コインエクスチェンジ(Coinexchange),他

コモド(Komodo)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

コモド(Komodo)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

コモド(Komodo)とは?

コモド(Komodo)は匿名性、換金性、高セキュリティを兼ね備えた仮想通貨です。
ICOによって世の中に出回ったコモド(Komodo)は約1億KMDが事前に配布されました。
コモド(Komodo)の最大の特徴はその換金性で、法定通貨と連動して価格が形成されることで、簡単に法定通貨への換金を行うことができる点です。
また、ゼロ知識証明によって送金や決済等の情報の匿名性が担保されており、良い面ではプライバシーの完全な保護状態を作り上げることができますが、同時にマネーロンダリングの温床になるような懸念もあります。

コモド(Komodo)がもたらす匿名性×高セキュリティた担保されたブロックチェーンの世界

コモド(Komodo)以外にも現在では多種多様な匿名性の高い仮想通貨が存在しており、その地位を確立しようと切磋琢磨しています。
そんな中、コモド(Komodo)はゼロ知識証明という技術をベースにコモド(Komodo)を利用するときの匿名性の担保を行っています。
更に、コモド(Komodo)には作業の遅延証明(dPoW)という承認アルゴリズムによってブロックチェーンの中でも高セキュリティ体制を構築している珍しい仮想通貨です。
これは、コモド(Komodo)のプラットフォームを利用して作られた他のブロックチェーンにも同じレベルのセキュリティ性能を継承することができルシ組となっています。
また、コモド(Komodo)を利用して作られたブロックチェーンには匿名性の部分も継承することができるため、コモド(Komodo)の機能を活かしたブロックチェーン技術の構築が可能となります。

コモド(Komodo)が作り上げる法定通貨との安定した換金

コモド(Komodo)は32種類の仮想通貨に換金することができます。
そして、この仮想通貨は法定通貨と固定しており、価格は常に連動する仕組みとなっているため、国が定めた法定通貨への安定した換金性能を発揮することができます。
この32種類の仮想通貨も勿論ブロックチェーンの技術の元に作られている仮想通貨のため、改ざんは今の技術では起こりません。

コモド(Komodo)の歴史

2016年9月1日 コモド(Komodo)が公開

コモド(Komodo)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

コモド(Komodo)を購入可能な取引所

残念ながら国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではアップビット(UPbit),バイナンス(Binance),ビットレックス(Bittrex),ヒットビーティーシー(Hitbtc),クリプトピア(Cryptopia),トレードサトシ(Trade Satoshi),コインエクスチェンジ(Coinexchange)などが取り扱っており取引可能です。

コモド(Komodo)のマイニング情報

只今調査中です!!!

コモド(Komodo)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook