ミリアド(Myriad)

ミリアド(Myriad)

ミリアド(Myriad)の基本情報

名称 ミリアド(Myriad)
単位  XMY
公開日  2014/02/23
発行上限枚数  2,000,000,000XMY
業界  確認中
公式サイト ミリアド(Myriad)の公式サイト
ホワイトペーパー  確認中
システム(アルゴリズム)  Proof of Work(SHA256d,Scrypt,Myr-Groestl,Skein,Yescrypt-each)
国内取引所  確認中
海外取引所  ビットレックス(Bittrex),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),クリプトピア(Cryptopia),トレードサトシ(Trade Satoshi),他

ミリアド(Myriad)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ミリアド(Myriad)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ミリアド(Myriad)とは?

ミリアド(Myriad)は、よりたくさんの人がマイニングを行うことができるように設計された仮想通貨で、マイナーに優しいシステム構成をしています。

仮想通貨は通常、マイニングを行うためのアルゴリズムを実装されており、ビットコイン(Bitcoin)であればSHA256d ASICを使用しています。
しかし、ミリアド(Myriad)は5つのハッシュ関数を実装した仮想通貨で、SHA256d,Scrypt,Myr-Groestl,Skein,Yescrypt-eachのそれぞれがオープンな状態を保っています。
この仕組をマルチアルゴリズムと言い、マイニングを行う環境に依存せず、誰でもマイニングを行うチャンスが与えられた状態にしているのです。
ブロック生成時間は5分ですが、それぞれが機能しているため、1分間隔でブロックが検出されます。

近年、マイニングプールと言う各自のパソコンの力を集結して大規模なマイニングを行うような企業が出現しており、これによってビットコイン(Bitcoin)の最大の特徴である非中央集権的な特徴が破綻する可能性が出てきています。
ミリアド(Myriad)に組み込まれているマルチアルゴリズムを活用することで、マイニングは自由に行える範囲が拡大するため、非中央集権的な側面は担保される可能性が高くなり、注目されているのです。
マイニングを支配されてしまうと、51%アタックが可能になるかもしれないので、セキュリティ的にも改ざんが可能となってしまうのです。

ミリアド(Myriad)の歴史

2014年2月23日 ミリアド(Myriad)が公開

2014年5月 ミリアド(Myriad)が取引開始

ミリアド(Myriad)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ミリアド(Myriad)を購入可能な取引所

残念ながら、国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではビットレックス(Bittrex),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),クリプトピア(Cryptopia),トレードサトシ(Trade Satoshi)などが取り扱っており、取引が可能です。

ミリアド(Myriad)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ミリアド(Myriad)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook