オーケーキャッシュ(OKCash)

オーケーキャッシュ(OKCash)の基本情報

名称  オーケーキャッシュ(OKCash)
単位  OK
公開日  2014/11/24
発行上限枚数  105,000,000OK
業界  確認中
公式サイト  オーケーキャッシュ(OKCash)の公式サイト
ホワイトペーパー  確認中
システム(アルゴリズム)  Proof of Stake
国内取引所  確認中
海外取引所  ビットレックス(Bittrex),クリプトピア(Cryptopia),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),ブルートレード(Bleutrade)
ヨービット(Yobit),トレードサトシ(Trade Satoshi),他

オーケーキャッシュ(OKCash)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

オーケーキャッシュ(OKCash)のチャート


※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

オーケーキャッシュ(OKCash)とは?

オーケーキャッシュ(OKCash)はビットコイン(Bitcoin)と同じ送金や決済を行う役割を担った仮想通貨です。
非中央集権的であり、仮想通貨としての王道を貫いています。
ビットコイン(Bitcoin)と同じと言いましたが、オーケーキャッシュ(OKCash)はビットコイン(Bitcoin)と競合することを目的としておらず、ビットコイン(Bitcoin)には足りないものを補完することを前提としている珍しい仮想通貨です。
ビットコイン(Bitcoin)が抱えるスケーラビリティの問題にも予め意識された設計が行われており、省エネルギーでの運用が可能となっています。
世界中のどこにいてもどこにでも手数料無料で高速送金を行うことが可能なこともオーケーキャッシュ(OKCash)を支持するユーザーが多い裏付けとなっています。

オーケーキャッシュ(OKCash)の長期ステーキング(LTSS)という概念

オーケーキャッシュ(OKCash)は超ロングスパンでの計画的な通貨発行量の制御を行っており、11回にも及ぶ計画的な半減期を設けており、これにより、2148年までの安全で安定的な仮想通貨となるように設計されています。
これを長期ステーキング(LTSS)と言います。

オーケーキャッシュ(OKCash)はウォレット(wallet)に入れておくだけで報酬がもらえる

オーケーキャッシュ(OKCash)は取引や決済のスピードが早いという特徴もさながら、オーケーキャッシュ(OKCash)を保持しているだけで、数%の報酬を受け取ることができるという特徴もあります。
ウォレットにオンライン接続状態で入れておくだけで、利子として数%の報酬を獲得できるのです。

オーケーキャッシュ(OKCash)は多文化でグローバルに使用できることを前提にしている

オーケーキャッシュ(OKCash)のOKは、誰もがしてているOKそのものです。
OKという単語は、文明が発達した全ての地域で理解できる数少ない言葉です。
このOKという単語は、世界中の異なる文化や思想によって遮られることのない誰もが使用することのできる仮想通貨となるように付けられた名前です。

オーケーキャッシュ(OKCash)の歴史

2014年11月24日 オーケーキャッシュ(OKCash)が公開される

2018年3月 オーケーキャッシュ(OKCash)が半減期を迎える

オーケーキャッシュ(OKCash)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

オーケーキャッシュ(OKCash)を購入可能な取引所

現在調査中ですが、国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではビットレックス(Bittrex),クリプトピア(Cryptopia),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),ブルートレード(Bleutrade),ヨービット(Yobit),トレードサトシ(Trade Satoshi)などで取り扱っており、取引が可能です。

オーケーキャッシュ(OKCash)のマイニング情報

只今調査中です!!!

オーケーキャッシュ(OKCash)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook