オミセゴー(OmiseGO)

オミセゴー(OmiseGO)

オミセゴー(OmiseGO)の基本情報

名称 オミセゴー(OmiseGO)
単位 OMG
公開日 2017/07/06
発行上限枚数 140,000,000OMG
業界 確認中
公式サイト オミセゴー(OmiseGO)の公式サイト
ホワイトペーパー オミセゴー(OmiseGO)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Proof of Stake
国内取引所 Neraex ※正確な情報ではなく、噂レベルで取り扱うような情報があります。
海外取引所 フオビ(Huobi),バイナンス(Binance),イーフィネックス(Ethfinex),ビットフィネックス(Bitfinex),
アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),オーケーイーエックス(OKEx),コインベネ(CoinBene),
ポロニエックス(Poloniex),コイネックス(Koinex),リクイ(Liqui),ヒットビーティーシー(Hitbtc),
メルカトックス(MERCATOX),ゲート.アイオー(Gate.io),クーコイン(KuCoin),クリプトピア(Cryptopia),
コインネスト(CoinNest),アイデックス(IDEX),ビッグワン(BigONE),コス(COSS),
コインレール(Coinrail),ライブコイン(Livecoin),コビンフッド(Cobinhood),ビットジー(Bit-Z),
ビッグワン(BigONE),ビーエックスタイランド(BX Thailand),バンコールネットワーク(Bancor Network),他

オミセゴー(OmiseGO)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

オミセゴー(OmiseGO)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

オミセゴー(OmiseGO)とは?

オミセゴー(OmiseGO)はイーサリアムベースで作られた仮想通貨です。
おそらくイーサリアムのベースの仮想通貨の中で現在最も成功しているのがこのオミセゴー(OmiseGO)ではないでしょうか。
変な名前のように感じますが、オミセはお店という日本語が連想されるように、この開発は日本人主導でイーサリアムプロジェクトの開発者も携わっているプロジェクトになります。
日本での展開を目的に開発されているわけではなく、東南アジアでの展開を目的としてインドネシアに拠点を構えたOmise Holdingsという企業が手がけているのです。
しかし、日本の大手メガバンクや大手ネットバンキングが出資していることもあり、日本ではかなり注目された仮想通貨になります。

オミセゴー(OmiseGO)は東南アジアを1つにする決済システムを目指している

東南アジア諸国は現在、新興国や発展途上国や、貧困国といった国々が多く、先進国は殆どありません。
その中で、金融機関を利用できる信用力を持っている人も多いわけではなく、場合によっては身分証明証を持っていない人もいるため、金融機関を利用することの障壁が高い状況があります。
このような人々であっても、オミセゴー(OmiseGO)を使用することで、銀行などの金融機関を利用するのと何ら変わらないお金のやり取りが行える仕組みを提供できるように決済サービスに特化したプラットフォームを目指しています。

オミセゴー(OmiseGO)が提供する専用walletを使用するだけで、銀行口座、クレジットカードの機能を利用することが可能な状態を提供します。

また、オミセゴー(OmiseGO)には国という概念がありません。
国境を超えた利用も可能で、スマートフォンさえ持っていれば誰でもどこにいても銀行と同じようなシステムを利用して送金や決済を行うことができるのです。

オミセゴー(OmiseGO)に注目した企業も超大手企業ばかり

オミセゴー(OmiseGO)の行う構想に賛同した企業もたくさん存在します。
それは日本にいれば誰もが聞いたことある企業もありますし、世界的に有名な企業も存在します。

まずは、メガバンクの一角である三井住友グループです。
三井住友グループは、オミセゴー(OmiseGO)の運営会社に出資しており、秘めた可能性を期待しています。

次に、SBIホールディングスです。
SBIはリップル(Ripple)とも手を組んでおり、ブロックチェーンが将来銀行を中心とした金融業界に革命をもたらすとして早くからブロックチェーンの仕組みとそこから生まれた仮想通貨に注目している企業です。

最後に、世界的に有名な企業であるマクドナルドです。
タイのマクドナルドとタイアップ企画が発表されてオミセゴー(OmiseGO)の価格が高騰したこともあるほどのインパクトでした。

他にも、東南アジア諸国の様々な企業と連携することが期待されています。

オミセゴー(OmiseGO)の歴史

2017年7月6日 オミセゴー(OmiseGO)が公開

オミセゴー(OmiseGO)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

オミセゴー(OmiseGO)を購入可能な取引所

国内では、残念ながら取り扱っている取引所は確認できていません。
正確な情報ではないものの、Neraexという取引所が取り扱っているとか取り扱う予定という話は聞いたことがあり、今後何か動きがあるかもしれません。

海外では、フオビ(Huobi),バイナンス(Binance),イーフィネックス(Ethfinex),ビットフィネックス(Bitfinex),アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),オーケーイーエックス(OKEx),コインベネ(CoinBene),ポロニエックス(Poloniex),コイネックス(Koinex),リクイ(Liqui),ヒットビーティーシー(Hitbtc),メルカトックス(MERCATOX),ゲート.アイオー(Gate.io),クーコイン(KuCoin),クリプトピア(Cryptopia),コインネスト(CoinNest),アイデックス(IDEX),ビッグワン(BigONE),コス(COSS),コインレール(Coinrail),ライブコイン(Livecoin),コビンフッド(Cobinhood),ビットジー(Bit-Z),ビッグワン(BigONE),ビーエックスタイランド(BX Thailand),バンコールネットワーク(Bancor Network)などが取り扱っており、取引可能です。

かなりの信頼性と期待度があるので、取り扱っている取引所がとても多いです。

オミセゴー(OmiseGO)のマイニング情報

只今調査中です!!!

オミセゴー(OmiseGO)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook