ピヴクス(PIVX)

ピヴクス(PIVX)

ピヴクス(PIVX)の基本情報

名称 ピヴクス(PIVX)
単位 PIVX
公開日 2016/02/01
発行上限枚数 無制限
業界 確認中
公式サイト ピヴクス(PIVX)の公式サイト
ホワイトペーパー ピヴクス(PIVX)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Proof of Work(Quark),Proof of Stake
国内取引所 確認中
海外取引所 アップビット(UPbit),バイナンス(Binance),ビットレックス(Bittrex),コインルーム(Coinroom),
クリプトピア(Cryptopia),ヨービット(Yobit),コインエクスチェンジ(Coinexchange),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),
BuyUcoin,ライブコイン(Livecoin),トレードオーガ(TradeOgre),クリプトビレッジ(CryptoBridge),
ノヴァエクスチェンジ(Novaexchange),Abucoins,コインハウス(Coinhouse),

ピヴクス(PIVX)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ピヴクス(PIVX)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ピヴクス(PIVX)とは?

ビットコイン(Bitcoin)の良いところとダッシュ(Dash)の良いところを取り入れて作られたのがピヴクス(PIVX)です。
ビットコイン(Bitcoin)の技術とダッシュ(Dash)の技術がベースに置かれており、高速なマイクロトランザクションの処理と匿名性を重視した仕組みがこの仮想通貨の特徴です。

このピヴクス(PIVX)には、匿名性とマイクロトランザクション以外にも、リワードシステムと言った特徴もあり、リワードシステムを知った上でピヴクス(PIVX)を保有することでより効率的に報酬を獲得することができます。

ピヴクス(PIVX)が提供するマイクロトランザクション

ビットコイン(Bitcoin)はこの世の中に革命を起こそうとしています。
しかし、当初想定していなかったレベルの革命が起こりつつ有り、その影響で利用するユーザーが増えてしまったため、トランザクションの処理が追いつかずに処理の遅延が怒っているなど、課題が浮き彫りになっています。
これは、ビットコイン(Bitcoin)が10分の間に処理の依頼が来たものをまとめて処理するという仕組みになっており、その処理件数も上限が設定されているため、10分に1回行うまとめた処理に溢れてしまった場合は次の10分の処理に回されてしまうので発生しているのです。
ピヴクス(PIVX)は、この処理の時間と1度に行える処理の量を大きくすることで、瞬時に処理が完了する仕組みになっており、これがマイクロトランザクションと言われるものです。

ピヴクス(PIVX)の匿名性を実現するゼロ知識証明

匿名性の高い仮想通貨に備わっているゼロ知識証明ですが、ピヴクス(PIVX)もこのゼロ知識証明を取り入れています。
これにより、送金情報と個人情報を分けて誰が誰に送ったのか???ということが全くわからなくなります。
この匿名性の高い仮想通貨は、用途によってはメリットが大きいものになりますが、マネーロンダリングや犯罪組織によって活用される可能性もあり、世界中で規制の対象に含めるかどうかちう議論が行われているので、今後も注目していく必要があります。

ピヴクス(PIVX)のリワードシステムのルール

ピヴクス(PIVX)はリワードシステムが構築されています。
このシステムはPIVXを保有しているユーザーがピヴクス(PIVX)ネットワークの安全性を高めることに貢献すれば、その貢献度合いに応じてPIVXを報酬として獲得することができるという仕組みです。
このリワードシステムにはいくつかの条件があります。

・マスターノードになる

・専用ウォレットでPIVXを保持してステーキングを行う

・コミュニティに参加してピヴクス(PIVX)のプロジェクトで開発に貢献する

このいづれかを行うことで、ネットワークの安全性を高めることにつながり、報酬を獲得することができるといった流れです。
最も簡単な方法は専用ウォレットにPIVXを保持してステーキングを行うことで、エンジニア的な知見がある方は積極的にコミュニティにて開発に貢献する行動を取っていくことも報酬を獲得することにつながります。
しかし、ピヴクス(PIVX)はPoWからPoSに承認アルゴリズムを変更していこう実質発行上限は撤廃されて無制限に発行される状況です。
インフレ通貨と言え、長い目で見れば1PIVXあたりの価値は低くなっていく可能性が高いです。
そこをどう捉えるかは考えていく必要があるでしょう。

ピヴクス(PIVX)の歴史

2016年2月1日 ピヴクス(PIVX)が公開

ピヴクス(PIVX)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ピヴクス(PIVX)を購入可能な取引所

現状国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではアップビット(UPbit),バイナンス(Binance),ビットレックス(Bittrex),コインルーム(Coinroom),クリプトピア(Cryptopia),ヨービット(Yobit),コインエクスチェンジ(Coinexchange),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),BuyUcoin,ライブコイン(Livecoin),トレードオーガ(TradeOgre),クリプトビレッジ(CryptoBridge),ノヴァエクスチェンジ(Novaexchange),Abucoins,コインハウス(Coinhouse)などが取り扱っており取引可能です。

ピヴクス(PIVX)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ピヴクス(PIVX)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook