ラジウム(Radium)

ラジウム(Radium)

ラジウム(Radium)の基本情報

名称  ラジウム(Radium)
単位  RADS
公開日  2015/05/25
発行上限枚数  確認中
業界  確認中
公式サイト  ラジウム(Radium)の公式サイト
ホワイトペーパー  確認中
システム(アルゴリズム)  Proof of Stake
国内取引所  確認中
海外取引所  ビットレックス(Bittrex),ポロニエックス(Poloniex),ライトビット.イーユー(Litebit.eu),他

ラジウム(Radium)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ラジウム(Radium)のチャート


※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ラジウム(Radium)とは?

ラジウム(Radium)の最も注目スべき特徴は、ラジウムスマートチェーン(RadiumSmartChain)というもので、これは、ブロックチェーンを開発するためのラジウム(Radium)独自のプラットフォームを提供することです。
このプラットフォームは高ドアブロックチェーンファイルの喧騒やID機能を持っており、他の仮想通貨にはない高度なブロックチェーンの機能をもたせることができます。

ラジウム(Radium)を使用すればm高度なブロックチェーンのID管理が可能で、ファイルの転送やダウンロードの際の検証もできます。
それだけでなく、セキュリティも強固なブロックチェーン技術が使用できるため、安心して使用することができます。

ラジウム(Radium)はオープンソースで公開されているので、誰でも安心して使用することが可能です。

ラジウム(Radium)の歴史

2015年5月25日 ラジウム(Radium)が公開

ラジウム(Radium)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ラジウム(Radium)を購入可能な取引所

確認中ですが、現状国内で取り扱っている取引所はありません。

海外ではビットレックス(Bittrex),ポロニエックス(Poloniex),ライトビット.イーユー(Litebit.eu)などが取り扱っており、取引が可能です。

ラジウム(Radium)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ラジウム(Radium)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

関連記事

  1. ビットシェアーズ(BitShares)

    ビットシェアーズ(BitShares)

  2. ミステリアム(Mysterium)

    ミステリアム(Mysterium)

  3. ダッシュ(Dash)

    ダッシュ(Dash)

  4. トーケス(Tokes)

  5. イーサリアム(Ethereum)

    イーサリアム(Ethereum)

  6. ペイシェントリー(Patientory)

    ペイシェントリー(Patientory)

  7. エナジーコイン(Energycoin)

    エナジーコイン(Energycoin)

  8. ライトコイン(Litecoin)

    ライトコイン(Litecoin)

  9. ストラティス(Stratis)

    ストラティス(Stratis)

  10. フローリンコイン(FlorinCoin)

    フローリンコイン(FlorinCoin)

  11. ビットコイン(Bitcoin)

    ビットコイン(Bitcoin)

  12. ネム(NEM)

    ネム(NEM)/ゼム(XEM)

  13. オムニ(Omni)

    オムニ(Omni)

  14. ビットコインキャッシュ(Bitcoin_Cash)

    ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

  15. リスク(Lisk)

    リスク(Lisk)

Facebook