リップル(Ripple)

リップル(Ripple)

リップル(Ripple)の基本情報

名称  リップル(Ripple)
単位  XRP
公開日  2013/09/26
発行上限枚数  100,000,000,000XRP
業界  プラットフォーム
公式サイト  https://ripple.com/
ホワイトペーパー  リップルのホワイトペーパー
システム(アルゴリズム)  Ripple Ledger Consensus
国内取引所  有り
海外取引所  有り

リップル(Ripple)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

リップル(Ripple)のチャート





※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

リップル(Ripple)とは?

リップル(Ripple)とはなにか?それは一言で表すと金融送金決済システムというべきでしょうか。
リップル(Ripple)は分散管理台帳という技術をベースに作られた即時グロス決済システム、外国為替送金ネットワークです。送金の際にリップル(Ripple)独自の仮想通貨であるXRPを用います。

リップル(Ripple)は他の通貨と大きく異る点があります。
それは独自に開発されたコンセンサス・アルゴリズムを使用してビットコイン(Bitcoin)の課題であるスケーラビリティや消費電力の削減、決済にかかる時間を大幅に短縮を実現しました。
これによってリップル(Ripple)は、ビットコイン(Bitcoin)が行った通貨を生み出すことを目的とせずに、金融機関の送金や決済のシステムをスリムにすることを目的とするのです。
特に、リップルが活躍を期待できるのは国際送金の部分です。

今までの金融機関、特に銀行が行っていた送金は、送金を行いたい顧客がいて、送金窓口の銀行がいて、更に送金窓口の銀行が送金対象の国とのやり取りができなければ他の銀行を経由して対象国の中央銀行からようやく送金者が送りたかった銀行へと送金が行えました。
その間に挟まる銀行がコルレス銀行と呼ばれる外国に送金するときに中継地点となる銀行です。そこに各国の中央銀行を経由して各銀行へ送金するため、とにかく経由先が多く、これが原因で経由する先が増えるだけ対応する銀行や人が増え、手数料もかかりますし、時間もかかります。
これをリップル(Ripple)はリップルネットワーク上で金融機関が発行するインシュアンスという電子手形を発行することで送金を可能とし、そのときにXRPというリップル(Ripple)ネットワーク内に存在する独自通貨を使用する仕組みを作っています。
すごく簡単に言うと、リップル(Ripple)というシステムを利用すれば、XRPを使用してすぐに送金ができるということです。
日本からアメリカへ送金するときに、様々な経由点をなくし、日本→リップル(Ripple)→アメリカという感じです。
円→XRP→ドルという感じです。

また、リップル(Ripple)は仮想通貨なのか?という疑問を提唱する人もいます。
何故かと言うと、他の仮想通貨は非中央集権的は色が強く、管理する人や国が存在しません。
しかし、リップル(Ripple)はRipple.Incという法人が管理しており、そのやり方も中央集権的ではあります。
ビットコイン(Bitcoin)は有志が誰でも開発可能で、ソースコードもGit上に公開されています。
しかし、リップル(Ripple)はRipple社が開発しており、かつリップル(Ripple)に賛同した多くの銀行や企業が援助して開発に協力しています。
言わば、ビットコイン(Bitcoin)は銀行という存在を経由せずに自由にお金のやり取りを行う通貨で、リップル(Ripple)は銀行という存在を経由してその決済や送金の仕組みを作っているのです。

リップル(Ripple)の歴史

只今調査中です!!!

リップル(Ripple)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

リップル(Ripple)を購入可能な取引所

只今調査中です!!!

リップル(Ripple)のマイニング情報

只今調査中です!!!

リップル(Ripple)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

関連記事

  1. ダッシュ(Dash)

    ダッシュ(Dash)

  2. オムニ(Omni)

    オムニ(Omni)

  3. ネム(NEM)

    ネム(NEM)/ゼム(XEM)

  4. イーサリアム(Ethereum)

    イーサリアム(Ethereum)

  5. ビットコイン(Bitcoin)

    ビットコイン(Bitcoin)

  6. ライトコイン(Litecoin)

    ライトコイン(Litecoin)

  7. モネロ(Monero)

    モネロ(Monero)

  8. フローリンコイン(FlorinCoin)

    フローリンコイン(FlorinCoin)

  9. ラジウム(Radium)

    ラジウム(Radium)

  10. プロジェクトデコラム(Project Decorum)

    プロジェクトデコラム(Project Decorum)

  11. ペイシェントリー(Patientory)

    ペイシェントリー(Patientory)

  12. ネオ(NEO)

    ネオ(NEO)

  13. ロモコイン(LoMoCoin)

    ロモコイン(LoMoCoin)

  14. リスク(Lisk)

    リスク(Lisk)

  15. トーケス(Tokes)

Facebook