ステラ・ルメーン(Stellar Lumens)

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)の基本情報

名称  ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)
単位  XLM
公開日  2014/07/31
発行上限枚数  100,000,000,000XML ※上限到達後1%/年ずつ増加
業界  インフラ
公式サイト  https://www.stellar.org/
ホワイトペーパー  ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム)  Stellar Consensus Protocol
国内取引所  Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)
海外取引所  バイナンス(Binance),Bitcoin indonesia,ビットレックス(Bittrex),Cex,ゲート.アイオー(Gate.io),クラーケン(Kraken),ポロニエックス(Poloniex),Qryptos

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)のチャート





※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)とは?

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)は、リップル(Ripple)の思想に強い影響を受けています。
世界中の金融に関わるアクセスとリテラシーの拡大を目的としており、ビットコイン(Bitcoin)が盗まれて話題となったマウントゴックスの創業者が中心となって開発が行われました。
リップル(Ripple)がベースとなっていますが、違いがあります。
それは、リップル(Ripple)が大手金融機関を対象にしている仮想通貨であるのに対し、ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)は個人間の金融を対象に開発が行われているということです。
個人間の取引をターゲットに開発されていることもあり、少額取引に対しては金融分野の先駆者であるリップル(Ripple)よりも送金や決済のスピードが早く、またステラ・ルーメン(Stellar Lumens)内で使用されるXMLの価格変動を抑え、個人での取引により浸透しやすいような設計も行われており、その1つに初期に100,000,000,000XMLが発行されたあとに毎年1%ずつ追加で発行され続ける仕組みとなっており、これによりXMLの価格変動のボラティリティを小さくするような仕組みとなっています。
身近な世界で例えると、アマゾンや楽天のようなECサイトでのショッピングを行うときのような少額取引のような場面で、ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)はものすごい力を発揮するはずです。
今、私たちは日本に住んでおり、日本の経済圏で生活をしているので、各企業が日本円での決済に対応している状況です。
そのため、何を買うにしても日本円さえ持っていれば困ることはありません。
しかし、今後更にグローバル化が進み、誰もが海外のサイトなどでショッピングを行うことが当たり前になったとき、その国の通貨でしか購入ができない事態となります。
これを解決するのがステラ・ルーメン(Stellar Lumens)です。XLMというステラ・ルーメン(Stellar Lumens)ブロックチェーン上で使用できる仮想通貨を通じて、瞬時にその国の通貨と日本円を換金、そして決済することが可能になります。
今までは銀行などの金融機関を通じてその国の通貨に交換してから購入する必要がありました。
それを行った場合、様々な会社は人を経由することとなり、時間とお金がかかってしまいます。
ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)さえあれば、その心配はなくなるということです。

そんなステラ・ルーメン(Stellar Lumens)は送金手数料も格段に安く設定されています。
基本的には0.00001XLMとなっています。
これによって、ハッカーやステラ・ルーメン(Stellar Lumens)をよく思っていない人が大量の送金を小刻みに行い、ネットワークに負荷を与えることが想定されますが、そこにもステラ・ルーメン(Stellar Lumens)は対策を行っています。
このような悪いことをする人に対しては送料を高額に設定するようにしており、これによって不安視されているスパム行為は困難な状況を作っています。

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)が一躍有名になったのは2017年に行われた金融機関の世界会議でした。
ここでステラ・ルーメン(Stellar Lumens)はかの有名なIBMとの提携を発表して、IBMの国際間取引でステラ・ルーメン(Stellar Lumens)を利用して消さしシステムの効率化を図っていくとの発表を行ったのです。
これによって、今後ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)がより身近に感じることが予想され、より価値が高まりました。
ちなみに、IBM以外にもデトロイト・トーマツやストライプと言った世界有数な企業をパートナー契約を結んでいます。

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)にはもう1つ特徴があります。
それはステラ・ルーメン(Stellar Lumens)が独自のプロトコルであるStellar Consensus Protocolを搭載していることです。
これは、リップル(Ripple)のプロトコルであるRipple Ledger consensusをベースに作られたものですが、大きな違いはブロックチェーンの分岐可能性をリップル(Ripple)よりも低く設定しており、意見や考え方が合わずに発生する、ビットコイン(Bitcoin)などで多発しているハードフォークが頻発するような自体を避けやすくなっています。

また、他にも細かい特徴があります。
仮想通貨といえば非中央集権的であり、明確に誰かが管理しているわけではない状態なのが特徴です。
しかし、ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)はステラ財団という団体によって管理されており、中央集権的な一面があります。
実はこれ、先駆者であるリップル(Ripple)も同じくリップル(Ripple)財団が中央集権的に管理しており、これに真似ています。

最後に、ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)のある意味最大の特徴かもしれませんが、ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)はネットワーク登録を行う際にフェイスブック(Facebook)での認証を行っています。
これがなぜそこまで重要かというと、世界ではフェイスブック(Facebook)を禁止している国がいくつかあります。
有名な国で言うと人口最大で世界トップクラスの経済圏を持つ中国です。
すでにおわかりかと思いますが、ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)は中国の方は登録することができない仮想通貨ということになり、中国経済圏を市場に含めていない仮想通貨なのです。
中国は今後も成長していく可能性が高く、魅力的なマーケットなのでこれがステラ・ルーメン(Stellar Lumens)の未来にどう影響が出るかは注目すべきです。

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)の歴史

2014年7月31日 ステラ(Stellar)の公開 略式記号はSTR

2015年 ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)に改名 略式記号はXLM

2017年4月 フランスの送金業者であるTEMPOがステラ・ルーメン(Stellar Lumens)のプラットフォームを採用

2017年8月 アメリカのIT企業であるIBMとの業務提携を発表

2018年1月25日 ロードマップの公開

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)を購入可能な取引所

国内ではMr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)が取り扱っています。

海外ではバイナンス(Binance),Bitcoin indonesia,ビットレックス(Bittrex),Cex,ゲート.アイオー(Gate.io),クラーケン(Kraken),ポロニエックス(Poloniex),Qryptosあたりが取り扱っています。

こちらも今後、続々と取り扱う取引所が増えることが想定されます。

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

関連記事

  1. プロジェクトデコラム(Project Decorum)

    プロジェクトデコラム(Project Decorum)

  2. ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)

    ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)

  3. リップル(Ripple)

    リップル(Ripple)

  4. ネム(NEM)

    ネム(NEM)/ゼム(XEM)

  5. ビットコイン(Bitcoin)

    ビットコイン(Bitcoin)

  6. ダッシュ(Dash)

    ダッシュ(Dash)

  7. ストラティス(Stratis)

    ストラティス(Stratis)

  8. ビットコインキャッシュ(Bitcoin_Cash)

    ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

  9. ラジウム(Radium)

    ラジウム(Radium)

  10. モネロ(Monero)

    モネロ(Monero)

  11. エナジーコイン(Energycoin)

    エナジーコイン(Energycoin)

  12. アイオータ(IOTA)

    アイオータ(IOTA)

  13. ペイシェントリー(Patientory)

    ペイシェントリー(Patientory)

  14. オムニ(Omni)

    オムニ(Omni)

  15. リスク(Lisk)

    リスク(Lisk)

Facebook