スウォームシティ(Swarm City)

スウォームシティ(Swarm City)

スウォームシティ(Swarm City)の基本情報

名称  スウォームシティ(Swarm City)
単位  SWT
公開日  2017/03/19
発行上限枚数  確認中
業界  シェアリングエコノミー
公式サイト  https://swarm.city/
ホワイトペーパー  スウォームシティ(Swarm City)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム)  確認中
国内取引所  確認中
海外取引所  ビットレックス(Bittrex),ヒットビーティーシー(Hitbtc),ヨービット(Yobit),他

スウォームシティ(Swarm City)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

スウォームシティ(Swarm City)のチャート





※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

スウォームシティ(Swarm City)とは?

スウォームシティ(Swarm City)とはブロックチェーンを利用したシェアリングエコノミーのプラットフォームです。
ライドシェア、ホームシェア等ありとあらゆるものを共有できる状態にすることを目指しています。
似たようなことを目指している仮想通貨に、アーケードシティ(Arcade City)という仮想通貨がありますが、スウォームシティ(Swarm City)はアーケードシティ(Arcade City)から派生した仮想通貨と言われています。
その為、スウォームシティ(Swarm City)のトークンであるSWTを獲得する一つの方法に、アーケードシティ(Arcade City)のトークンであるARCと1対1で両替する手段があります。
最終的には国が発行しているドルやユールなどとの両替も可能にすることを目指しています。

スウォームシティ(Swarm City)はイーサリアム(Ethereum)のプラットフォームを利用してトークンが作られています。その為、トランザクションの情報はイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンに保持されています。
イーサリアムのスマートコントラクト機能を利用して、利用者同士が同じ額のSWTを預けることで、同時に契約を行い、取引の実行やキャンセルなどが行われると同時にその契約内容がブロックチェーン上に保存されるような仕組みです。

また、スウォームシティ(Swarm City)には専用のTerminalという機能があります。
この機能はSWTへの両替機能や、利用者が相手に対してリクエストを出したり、そのリクエストに答えたりすることができるようになり、最終的にはTerminalで全てが完結します。
それはBoardwalkとStorefrontと名付けられており、Boardwalkのリリースによって可能になりました。
更にStorefrontのリリースによってより使い勝手の良いUIへと進化して実際のシナリオでトランザクション処理や相互評価の機能やハッシュタグの使用するための基本的な構造が備え付けられます。

スウォームシティ(Swarm City)の歴史

2017年3月19日 スウォームシティ(Swarm City)を公開

2017年6月15日 ボードウォーク(Boardwalk)をリリース

スウォームシティ(Swarm City)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

スウォームシティ(Swarm City)を購入可能な取引所

現在調査中ですが、現状国内で取り扱っている取引所は確認できていません。

海外ではビットレックス(Bittrex),ヒットビーティーシー(Hitbtc),ヨービット(Yobit)などで取り扱っており取引が可能です。

スウォームシティ(Swarm City)のマイニング情報

只今調査中です!!!

スウォームシティ(Swarm City)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook