テザー(Tether)

テザー(Tether)

テザー(Tether)の基本情報

名称 テザー(Tether)
単位 USDT
公開日 確認中
発行上限枚数 確認中
業界 確認中
公式サイト テザー(Tether)の公式サイト
ホワイトペーパー テザー(Tether)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Proof of Reserves
国内取引所 確認中
海外取引所 クラーケン(Kraken),エクスモ(EXMO),WEX,HKSY,シーセックス(C-CEX),他

テザー(Tether)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

テザー(Tether)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

テザー(Tether)とは?

テザー(Tether)はブロックチェーン技術にて作られた仮想通貨と各国が発行しているドルや円といった法定通貨を組み合わせて作り出されたペグ通貨です。
ペグ通貨とは別名ペッグ通貨といい、他の通貨と連動して価格を形成される仕組みとなっている通貨のことを言います。
テザー(Tether)は法定通貨と連動して価格が形成される仕組みとなっており、1ドルは1USDTと定められています。
これによって仮想通貨のハブ的な存在として、様々な用途の換金に使用されることが期待されています。
ドルをそのままデジタル化したものがテザー(Tether)のUSDTといったことになります。

また、ドルだけでなく、ユーロや円にも対応することができるため、換金用途としてはとても優れた仮想通貨となっています。

テザー(Tether)の仕組みを徹底解説

テザー(Tether)は米ドルと連動しており、ユーロやドルとは米ドルとの為替レートに合わせて連動する仕組みとなっています。
そして、テザー(Tether)のUSDTとUSDは1:1の関係が崩れることはないように設定されています。
※テザーショックによってこの前提は疑われ、現状は1:1の関係ではないと言う話がでています。

テザー(Tether)は換金を行うと運営会社にテザー(Tether)が入金されて、法定通貨と交換することができ、テザー(Tether)は運営会社に渡った後に消滅します。
これによって、市場に出回っているテザー(Tether)と運営会社に存在する法定通貨はいつも同じ金額とすることが可能になります。
このテザー(Tether)を運営しているTether Limited社は入金された金額を常に公表し続け、支払い能力があることの明示と信用力の担保を行います。

テザーショックによる前提の崩壊

テザー(Tether)が信用されるには絶対条件があります。
それは、流通している仮想通貨のUSDTと運営会社が保持しているアメリカの法定通貨であるUSDが1:1の関係であることです。
運営会社が保持しているUSDの価値と、市場に出回っているUSDTの価値がイコールになるにはこの1:1の関係がぜったいじょうけんなのです。
そのため、運営会社は入金された金額を常に公表し続けており、これによって信頼性や信用力を獲得していました。
しかし、この法則が崩壊しているという話が巻き起こります。
ビットフィネックス(Bitfinex)という取引所にてその事件は起こります。
ビットフィネックス(Bitfinex)にて行われたテザーの取引にて、取引所はテザー(Tether)を獲得しました。
通常であれば、獲得したテザーのぶんだけ運営会社のTether Limited社には法定通貨であるUSDが入金されるはずです。
そうしないとテザー(Tether)だけが無駄に発行されて運営会社の保持するUSDとの関係が1:1にならないからです。

しかし、これが正しく行われていないのではないかという話が噂として囁かれました。
結局、ビットフィネックス(Bitfinex)の取引所は、23億USDTを新しく発行したのです。
この噂は、取引所とテザー(Tether)の運営会社の経営者が同じ人であることからも怪しさが増していき、最終的には運営会社と監査法人の契約打ち切りの話や、主要銀行との取引打ち切りの話まで嘘かホントかわからないですが、報道されるようになってしまい、信用力が低くなってしまったのです。

事実がどうかはわかりませんが、もしこれが本当であった場合は詐欺の可能性もささやかれることでしょう。
しかし、ただのデマであれば急落した価格が上昇に転じるかもしれません。
ある意味今後に注目です。

テザー(Tether)の歴史

2015年2月 テザー(Tether)が公開される

2018年1月29日 テザー(Tether)の運営会社と監査法人の契約打ち切りの報道が行われる

2018年1月30日 テザー(Tether)の運営会社に米商品先物取引委員会が召喚状を送付したと報道される

テザー(Tether)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

テザー(Tether)を購入可能な取引所

現状国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではクラーケン(Kraken),エクスモ(EXMO),WEX,HKSY,シーセックス(C-CEX)などが取り扱っており取引可能です。

テザー(Tether)のマイニング情報

只今調査中です!!!

テザー(Tether)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook