ヴェリタシアム(Veritaseum)

ヴェリタシアム(Veritaseum)

ヴェリタシアム(Veritaseum)の基本情報

名称 ヴェリタシアム(Veritaseum)
単位 VERI
公開日 2017/04/25
発行上限枚数 100,000,000VERI
業界 確認中
公式サイト ヴェリタシアム(Veritaseum)の公式サイト
ホワイトペーパー 確認中
システム(アルゴリズム) 確認中
国内取引所 確認中
海外取引所 イーサデルタ(EtherDelta),ヒットビーティーシー(Hitbtc),ラトークン(LATOKEN),メルカトックス(MERCATOX),Abucoins,他

ヴェリタシアム(Veritaseum)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ヴェリタシアム(Veritaseum)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ヴェリタシアム(Veritaseum)とは?

ヴェリタシアム(Veritaseum)は個人間で銀行が行っている取引や投資などの行為を仲介者を必要とせずに個人間で完結することができる仕組みを構築しています。
これに寄って、仲介業者へ支払う手数料が必要となくなり、処理にかかる手間も短縮することができるため、ユーザーにとってはとても魅力的な状態を作ることができます。
ブロックチェーン技術、スマートコントラクト技術、P2P技術をかけ合わせることで、ネットワークの安全性とブロックチェーンによる改ざん不可能な状態を作り上げることができるため、複雑な銀行や投資の取引を仲介者がいない状態で行えることが可能なのです。

また、このヴェリタシアム(Veritaseum)の開発プロジェクトには、著名な方が参加しています。
フィンテック分野での有名投資家やITベンチャー企業での弁護経験豊富な知的財産などの専門弁護士等がチームを結成して参画しているのです。
このような開発チームは、信頼や期待が高くなる傾向があり、それだけで仮想通貨自体の価格が上昇することもあります。

ヴェリタシアム(Veritaseum)が行うスマートコントラクト×P2Pネットワークの仕組み

ヴェリタシアム(Veritaseum)はスマートコントラクトにより、ブロックチェーンのブロックに契約の内容をそのまま格納することをこなっています。
これによって送金などの行為を行うと同時に契約が完結するため、その行為のために必要な仲介者がいなくても行為が完結するのです。

また、P2Pネットワークという仕組みを活用することで、どこか特定のサーバーを経由することなく、利用者同士を直接つなぐことが可能となります。
ネットワークは分散型ネットワークとして確立され、サーバーへのハッキング行為が行われてサーバーダウンを起こすことも心配いりません。
データを盗まれる心配もないです。
これによって、ブロックチェーンでのデータ改ざんリスクがなく、ハッキングにも強く、それでいて高速な取引を行うことが可能な仕組みを作り上げることが可能となります。

ヴェリタシアム(Veritaseum)の歴史

2017年4月25日 ヴェリタシアム(Veritaseum)が公開

ヴェリタシアム(Veritaseum)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ヴェリタシアム(Veritaseum)を購入可能な取引所

残念ながら国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではイーサデルタ(EtherDelta),ヒットビーティーシー(Hitbtc),ラトークン(LATOKEN),メルカトックス(MERCATOX),Abucoinsなどが取り扱っており取引可能です。

ヴェリタシアム(Veritaseum)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ヴェリタシアム(Veritaseum)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook