ジーキャッシュ(Zcash)

ジーキャッシュ(Zcash)

ジーキャッシュ(Zcash)の基本情報

名称 ジーキャッシュ(Zcash)
単位 ZEC
公開日 2016/10/28
発行上限枚数 21,000,000ZEC
業界  確認中
公式サイト ジーキャッシュ(Zcash)の公式サイト
ホワイトペーパー ジーキャッシュ(Zcash)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Proof of Work(Equihash)
国内取引所 コインチェック(coincheck) ※NEM流出の影響で取引できない可能性あり
海外取引所 エルバンク(Lbank),ヒットビーティーシー(Hitbtc),フオビ(Huobi),WEX,ビットジー(Bit-Z),
ビットフィネックス(Bitfinex),バイナンス(Binance),アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),
ビッサム(Bithumb),ポロニエックス(Poloniex),エクスモ(EXMO),オーケーイーエックス(OKEx),
クラーケン(Kraken),ゲート.アイオー(Gate.io),シーイーエックス.アイオー(CEX.IO),ヨービット(Yobit),
クリプトピア(Cryptopia),ザ・ロックトレーディング(TheRockTrading),ビーエックスタイランド(BX Thailand),ビッグワン(BigONE),
コインエクスチェンジ(Coinexchange),トレードサトシ(Trade Satoshi),Abucoins,オールコイン(Allcoin),他

ジーキャッシュ(Zcash)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ジーキャッシュ(Zcash)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ジーキャッシュ(Zcash)とは?

ジーキャッシュ(Zcash)の最大の特徴はブロックチェーンに書き込まれる情報を暗号化することができることです。
それ以外はビットコイン(Bitcoin)との差はそこまでないのです。
しかし、この情報の暗号化を行うことが、このコインの価値を高めることにつながっています。

ジーキャッシュ(Zcash)はPoWの承認システムを採用しているため、ビットコイン(Bitcoin)と同じようにマイナーがマイニングを行うことでブロックが生成されます。
半減期は4年に1回訪れ、2100万ZECを上限にそれ以上の発行は行われなくなります。
これは、ビットコイン(Bitcoin)と同じスペックとなっており、その他にも様々な共通点があることが特徴です。
ビットコイン(Bitcoin)に暗号化技術を加え、匿名性を高めた仮想通貨がジーキャッシュ(Zcash)です。
ある意味ビットコイン(Bitcoin)の上位互換仮想通貨と言えるかもしれません。

この暗号化されているブロックチェーンに書き込まれた情報という点に注目した企業もあり、その将来性から仮想通貨の中でも価値の高い存在となっています。

ジーキャッシュ(Zcash)の匿名性を支えるゼロ知識証明という技術

ジーキャッシュ(Zcash)に匿名性を与えたのはZK-SNARK(zero knowledge proof)、日本語で「ゼロ知識証明」という技術です。
通常、ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーンには誰が誰にいくら送金したという情報が暗号化されたアドレスとして残されています。
これでも十分に匿名性の高い状態となっているのですが、ジーキャッシュ(Zcash)はその暗号化されたアドレス情報すら一切公開することがないのです。
それは、第三者が一切見ることができない状態になっているということです。
これでは、何か問題が起こったときにどう対処するのかと思うかもしれませんが、ゼロ知識証明という技術はブロックチェーンの一度書き込んだ情報を改ざんすることができない特性をうまく活かして、取引の正当性を担保することができているのです。

この情報を見る手段は1つあります。
それは、ビューキーという見るための鍵を持っている人がそれを使用して閲覧することです。
このビューキーは他の人に提供することも可能で、持っている人は誰でも見ることができるようになります。

ゼロ知識証明の技術に注目した企業の存在

仮想通貨は金融業界に大きな変革を与えると言われています。
それは、どの仮想通貨が主役になるのかはわかりませんが、世界的大手金融機関であるJPモルガンはジーキャッシュ(Zcash)のゼロ知識証明の技術に注目して、業務提携を行いました。
これによりジーキャッシュ(Zcash)の価格が上昇したことがあり、今後他の提携が発表されてジーキャッシュ(Zcash)の存在価値が認められてくるとまた価値の上昇が起こるかもしれません。

ジーキャッシュ(Zcash)の歴史

2016年10月28日 ジーキャッシュ(Zcash)が公開

2017年5月 JPモルガンとの業務提携を発表

ジーキャッシュ(Zcash)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ジーキャッシュ(Zcash)を購入可能な取引所

国内ではコインチェック(coincheck)が取り扱っており取引が可能です。
※セキュリティ上の問題が発生したため、現在コインチェックでの取引はできません。

海外ではエルバンク(Lbank),ヒットビーティーシー(Hitbtc),フオビ(Huobi),WEX,ビットジー(Bit-Z),ビットフィネックス(Bitfinex),バイナンス(Binance),アップビット(UPbit),ビットレックス(Bittrex),ビッサム(Bithumb),ポロニエックス(Poloniex),エクスモ(EXMO),オーケーイーエックス(OKEx),クラーケン(Kraken),ゲート.アイオー(Gate.io),シーイーエックス.アイオー(CEX.IO),ヨービット(Yobit),クリプトピア(Cryptopia),ザ・ロックトレーディング(TheRockTrading),ビーエックスタイランド(BX Thailand),ビッグワン(BigONE),コインエクスチェンジ(Coinexchange),トレードサトシ(Trade Satoshi),Abucoins,オールコイン(Allcoin)などが取り扱っており、取引可能です。

ジーキャッシュ(Zcash)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ジーキャッシュ(Zcash)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook