ジークラシック(ZClassic)

ジークラシック(ZClassic)

ジークラシック(ZClassic)の基本情報

名称 ジークラシック(ZClassic)
単位 ZCL
公開日 2016/11/06
発行上限枚数 21,000,000ZCL
業界 確認中
公式サイト ジークラシック(ZClassic)の公式サイト
ホワイトペーパー ジークラシック(ZClassic)のホワイトペーパー
システム(アルゴリズム) Proof of Work(Equihash)
国内取引所 確認中
海外取引所 ビットレックス(Bittrex),クリプトピア(Cryptopia),コインエクスチェンジ(Coinexchange),トレードサトシ(Trade Satoshi),他

ジークラシック(ZClassic)の現在価格と順位と時価総額と取引量

※取引所間で価格に差がある場合があります。また、下記チャートともズレが生じる事があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ジークラシック(ZClassic)のチャート



※取引所間で価格に差がある場合があります。必ずご自身の使用している取引所の価格をご確認ください。

ジークラシック(ZClassic)とは?

ジーキャッシュ(Zcash)という仮想通貨を皆さんご存知でしょうか??
そのジーキャッシュ(Zcash)からのハードフォークによって誕生したブロックチェーンにて使用されている仮想通貨が、ジークラシック(ZClassic)です。
ジーキャッシュ(Zcash)の開発コミュニティにて意見が対立し、結果的にハードフォークにて分岐されたブロックチェーンを使用した新たな仮想通貨を生み出すことになりました。
その対立の主な内容は、手数料の問題や価格形成に意図的に開発側が関与する構造等、様々な要因があります。
数箇所の違いを持ったジーキャッシュ(Zcash)がジークラシック(ZClassic)です。
なお、ジーキャッシュ(Zcash)最大の特徴である匿名性の高い送金はジークラシック(ZClassic)も備わっています。

ジークラシック(ZClassic)にありジーキャッシュ(Zcash)にない特徴

ジークラシック(ZClassic)はジーキャッシュ(Zcash)からハードフォークする際に幾つかの特徴を持ちました。
それはユーザーやマイナーからすればメリットばかりなのです。

マイニングの手数料を撤廃

まず一つは、ジーキャッシュ(Zcash)のマイニングにて存在した開発者への20%の手数料です。
これは、ジーキャッシュ(Zcash)のマイニングを行うと、送金の手助けを行った報酬として手数料を獲得することができますが、手数料のうち20%は開発資金として差し引かれていました。
これが、ハードフォークが起こった原因の1つです。
その為、ジークラシック(ZClassic)はこのマイニング報酬から20%を手数料として受け取ることをやめました。
マイニングを行ったマイナーはその報酬を全額受け取ることができるのです。
これは、マイナーの数を増やしてマイニングを活性化させることにもつながり、結果的にブロック承認のスピードにも良い影響を与える可能性が高まります。

スロースタートを撤廃

スロースタートとは、マイニング報酬の価値を高める目的でジーキャッシュ(Zcash)に備わっている機能です。
これにより、人為的に仮想通貨の枚数を遅く配当します。
これにより市場に出回るジーキャッシュ(Zcash)の枚数を抑制して、高い価値を形成することができるというイメージです。
しかし、ジークラシック(ZClassic)はスロースタートの機能を撤廃して、マイナーに12.5ZCLがブロックが生成されるごとに配当します。
これにより、マイナーはブロック生成直後に報酬を受け取ることが可能となります。

ジークラシック(ZClassic)にも搭載される高速で匿名性の高い取引

ジークラシック(ZClassic)も高速で匿名性の高い取引を行うことが可能です。
これは、ジーキャッシュ(Zcash)と変わらないため、そのままの性能を担保した送金が可能となるのです。
「ゼロ知識証明」というものにより、送金の際に誰が誰にの部分を送金の金額と完全に分離して対応することができるようになっています。
また、ジーキャッシュ(Zcash)同様に6人が個人の暗号鍵を分け合って持ち合う仕組みとなっており、6人全員が結託しない限りは暗号鍵が完全なものとなることはありません。
これにより更に匿名性と安全性を高めることができるのです。

ジークラシック(ZClassic)の歴史

2016年11月6日 ジークラシック(ZClassic)が公開

2016年11月10日 ジークラシック(ZClassic)が取引開始

ジークラシック(ZClassic)のハードフォーク情報

只今調査中です!!!

ジークラシック(ZClassic)を購入可能な取引所

現状国内で取り扱っている取引所は存在しません。

海外ではビットレックス(Bittrex),クリプトピア(Cryptopia),コインエクスチェンジ(Coinexchange),トレードサトシ(Trade Satoshi)等が取り扱っており取引可能です。

ジークラシック(ZClassic)のマイニング情報

只今調査中です!!!

ジークラシック(ZClassic)に関するニュース

只今調査中です!!!
※こちらの内容はSpoootにて独自に調査した内容のため、公式情報と異なる可能性があります。
※投資の判断は必ずご自身の責任でお願いします。

Facebook